Invest India facilitates Haier

ウッタル・プラデーシュ州の人々は、首相シュリ ー・ナレンドラ・モディと州首ヨギ・アディティ ヤナートによって先に立った画期的な開発努力に より、開発への道を急速に進んでいる。 過去数年 間、州は、電気、接続性、道路、インフラの分野 で大きな変化と政策行動を目の前に経験してき た。

この取り組みを賞賛するため、中国の家電会社ハ イアールは、ウッタルプラデーシュ州の生活の質 をさらに上達させるために前進しておりプチプラ イスな価格を人々の玄関口に届けることで、特に 中流階級の日常的な生活を容易化している。

冬の祭にお湯が不足し、食品を汚染から守るため の冷蔵庫がなかった時代から、エネルギー効率の 良い環境を作り出すことで、ウッタル・プラデー シュ・ハイアールの人々の生活は改善したやさし い電子製品は、持続可能性も促進している。さら に必要なことに、ハイアールは雇用の提供と州の 若者のスキル上達にも大きく貢献している。 4億 ドルの純投資で、4000人以上の人々を雇用する。 失業と不足効果的なスキルと戦っている州では、 ハイアールの介入は賜物として来ている。

一方で、インベストインドは、工業地域の土地サ イズが85エーカーに制限されているグレーターノ イダの統合工業地区で123.6エーカーの取得を促 進する上で重要な役割を果たした。州は最後に、 レイアウトを更新し、投資家に対して土地のサイ ズ制限を増やすことに同意した。地上被覆率は、 UP事務局長およびCEQ DMICDCの支援を受け て、40%から55%に増加した。一方、インベスト インドは、ウッタルプラデーシュ州政府と努力し て、土地当局とUP州政府のIT&エレクトロニクス 部門との間の橋渡しの役として、電子機器製造政 策を実施させた。

インベストインドは、GST制度の下で利用可能な インセンティブの不足に関する詳細なプレゼンテ ーションを準備し、州別比較(アンドラプラデシ ュ州とマハラシュトラ州など)を実施して、いく つかのメガプロジェクトの純還付ではなく総 SGST還付を提供した州を確認した。次のステッ プとして、インベストインディアはハイアールと 密接に協力して、MSIPSアプリケーションとメリ ットの構造化についてアドバイスしている。