スナップショット

インドの農産物輸出は、500 億ドルの歴史的な高さに達します

米(96億5000万ドル)、小麦(21億9000万ドル)、砂糖(46億ドル)、その他の穀物(10億8000万ドル)などの主食で、過去最高の輸出が達成されました。

インドの農業部門は、過去 2 年間で飛躍的な成長を遂げました。国内最大の労働力雇用者であるこのセクターは、国の GVA でかなりの 18.8% (2021-22 年) を占め、2020-21 年には 3.6%、2021-22 年には 3.9% の成長を記録しています。

2021 年から 22 年の第 4 次事前見積もりによると、国内の食料穀物の生産量は 315.72 MT と推定されており、これは 2020 年から 21 年の食料穀物の生産量よりも 4.98 MT 高い。 2021 ~ 22 年の生産量は、過去 5 年間 (2016 ~ 17 ~ 2020 ~ 21 年) の穀物の平均生産量よりも 25 トン多くなっています。

インドの油糧種子生産は、2016 年から 2017 年にかけて着実に増加しています。インドの油糧種子生産量は、2016-17 年から 2021-22.3 にかけてほぼ 23.9% 増加しました。年率3.4%。

インドの砂糖とサトウキビ産業は、国内で綿花に次いで 2 番目に大きな農業ベースの産業です。 2021-22 年の砂糖シーズンの砂糖の輸出は、2017-18 年の 15 倍です。 2022 年度の現在の砂糖シーズンに砂糖を輸出するために、約 90 LMT の輸出契約が調印され、そのうち 75 LMT が 2022 年 5 月までに輸出されました。

国内の香辛料生産は、2014-15 年の 67.64 十万トンから 2021 年度には 106.79 十万トンに増加し、年間成長率は 7.9% でした。香辛料の輸出は、2021 年度に量で 9.8%、金額で 10.5% の年間成長率を記録しました。香辛料の輸出は、国内のすべての園芸作物からの総輸出収入の 41% を占めており、国内で 4 番目にランクされています。農産物。

  • %

    世界の竹栽培面積のシェア

  • %

    2021 年度の世界のココナッツの総生産量

  • %

    農業GDPの園芸への貢献

  • 非木材林業は、林業部門の総雇用に貢献しています

インドは、マンゴー、バナナ、ココナッツ、カシュー ナッツ、スパイス、パパイヤ、ザクロなど、豆類、牛乳、ジュート (原材料およびジュート製品) の最大の生産国です。

世界第 2 位の果物と野菜、米、小麦、落花生、カシュー ティーの生産国

インドはぶどう、バナナ、キャッサバ、えんどう豆、パパイヤの生産量で首位

業界シナリオ

2021 年から 22 年の第 4 次事前見積もりによると、国内の食料穀物の生産量は 315.72 MT と推定されており、これは 2020 年から 21 年の食料穀物の生産量よりも 4.98 MT 高い。

インドの農業部門は、インドの人口の約 58% にとって生計の主要な源です。

DGCI&S が発表した暫定的な数値によると、農産物の輸出は 2021 年から 2022 年の間に 19.92% 増加し、502 億 1000 万ドルに達しました。 2020 年から 2021 年に達成された 418 億 7000 万ドルでの 17.66% の成長率を上回っており、高い貨物料金、コンテナ不足などの形で前例のない物流上の課題にもかかわらず達成されているため、成長率は注目に値します。記録的な生産量は米、トウモロコシ、豆類、油糧種子、グラム、ナタネ、マスタード、サトウキビについて推定。

小麦は 273% を超える前例のない成長を記録し、2020-21 年の 5 億 6800 万ドルから 2021-22 年の 21 億 1900 万ドル近くまでほぼ 4 倍に跳ね上がりました。

米の輸出は、2021 年から 2022 年にかけて 96 億 5,400 万ドルで最大の外国為替収入源でした。豆類の輸出は 34% の成長を報告しました。果物と野菜の輸出は 12% 増加しました。

生鮮果物と野菜の輸出額の伸びは 14% で、加工果物と野菜の輸出は 16.27% です。

その他の加工食品の輸出は、2020 年から 2021 年の 8 億 6,600 万ドルに対して、2021 年から 2022 年の間に 34% 増加し、1 億 1 億 6,400 万ドルに達しました。

カシューの輸出も、前年の 4 億 2,000 万ドルから 2021 ~ 22 年の 4 億 5,200 万ドルに 7% 増加しました。

花卉製品は、2020-21 年の 7,700 万ドルから 2021-22 年の 1 億 300 万ドルに達したとき、33% の上昇を報告しました。

エタノール生産能力は、過去 8 年間で 421 リットルから 867 リットルに増加しました。

2021 年から 2022 年にかけて、コーヒーの輸出額は前年比で 42% 増加しました (7 億 3,500 万ドルから 1 億 4,200 万ドルに増加)。

2021-22年のデータによるAPEDAの主な輸出先は、バングラデシュ、UAE、ベトナム、米国、ネパール、マレーシア、サウジアラビア、インドネシア、イラン、エジプトです。

農産物および加工食品の輸出の増加は、主に、さまざまな国での B2B 展示会の開催、インド大使館の積極的な関与による製品固有および一般的なマーケティング キャンペーンによる新しい潜在市場の探索など、APEDA を通じてセンターが行ったさまざまなイニシアチブによるものです。

政府は、農産物の輸出を強化するために、州政府と協力して 300 以上のアウトリーチ プログラムを組織しました。 2020 年から 2021 年の間に、9432 のカスタム雇用センター (CHC) が SMAM スキームの下で設立されました。

成長ドライバー

  • 需要側の原動力

    人口と所得の増加、輸出の増加、人口動態の好転

  • 供給側の原動力

    ハイブリッド種子と遺伝子組み換え種子、農業に適した気候と多種多様な作物、機械化された灌漑施設と東インドの緑の革命

  • ポリシーのサポート

    機関信用の拡大、MSP の増加、Paramparagat Krishi Vikas Yojana、Pradhanmantri Gram、Sinchai Yojana、Sansad Adarsh Gram Yojana などの新しいスキームの導入、小麦と米の輸出の開始

arrowarrow

工業団地銀行ポータル

GIS - 州内での事業運営に利用可能なインフラストラクチャを表示する GIS ベースのマップ。

主な投資家

インフラマップ

最新の 農林業

ポータルSep 14, 2020

インド工業用土地銀行

今すぐアクセス

ポータル

インド工業用土地銀行

報告する

スキルインデックス-インドのクラスター全体の測定

報告書

Doing Business India 2020

よくある質問

Frequently
Asked Questions

農業マーケティングインフラストラクチャスキームとは何ですか?

中間体の関与を減らし、収穫後の損失を最小限に抑えるために、農業マーケティングインフラストラクチャプロジェクトを推進する必要があることは、常識です。強固な農業マーケティングインフラストラクチャは、農家へのより良い報酬と消費者と加工産業へのより良い品質の製品の供給を保証します。 XII計画期間中、マーケティングインフラストラクチャとバリューチェーン開発への推定投資額は86億1,100万ドルでした。

このニーズに対処するために、政府は農業協力省(DAC)です。インドでは、初期のGrameenBhandaranYojana(GBY)と農業マーケティングインフラストラクチャの開発/強化のためのスキーム(AMIGS)を統合することにより、農業マーケティングインフラストラクチャ(AMI)スキームを導入しています。

Was it helpful?

農業バイオテクノロジーとは?

農業バイオテクノロジーは、植物育種家が正確な遺伝的変化を起こして、私たちが食物や繊維に依存している作物に有益な特性を与えることを可能にする高度な技術です。

何世紀にもわたって、農家や植物育種家は作物を改良するために努力してきました。従来の育種法には、次世代の作物を生産するために、最も強力で最も望ましい植物から種子を選択して播種することが含まれます。初期の農家は、より高い収量、害虫への耐性、耐性などの特徴を持つ植物を選択して育種することにより、遺伝学の科学が理解されるずっと前に、作物の遺伝子構成を劇的に変えました。その結果、今日のほとんどの作物は野生の祖先とほとんど似ていません。

現代のバイオテクノロジーのツールにより、植物育種家は有益な特性を生み出す遺伝子を選択し、それらをある生物から別の生物に移すことができます。このプロセスは、数万の遺伝子の移入を伴う交雑育種よりもはるかに正確で選択的であり、行われた変更についてより詳細な知識を植物開発者に提供しました。

Was it helpful?

すべて見る

Invest India Timeline

2022
DRAG TO VIEW MORE

Disclaimer: All views and opinions that may be expressed in the posts on this page as well as post emanating from this page are solely of the individual in his/her personal capacity