日本とインドの交友関係の始まりは、文書の直接的な行き来が確認できる西暦752年にまで遡り、文化的、人文的に強いつながりが長い期間にわたって築かれてきた。

現代において、両国は複数回に及ぶ首脳会談や経済的結びつきに示されているように、その関係を強めてきた。そして2014年に、両国の関係は「特別戦略的グローバル・パートナーシップ」によってさらに深まった。同サミット中、安倍首相は、5年間で官民合わせて約3.5兆円規模の投資を実現させること、またインドに進出する日系企業を倍増させることを約束した。

自動車分野におけるインド最古の合弁会社の一つであるスズキ Maruti は、乗用車で 49% 以上のシェアを占めています。

キヤノンは、デジタル一眼レフカメラデバイスの市場リーダーであり、2020によって $ 550 mn に達するためにその収益を期待しています。

安倍晋三首相はこのほど、インドに35億米ドルをインフラ整備のために2020で投資すると発表した。

    • 日印間国交は、第二次世界大戦後の1952年に、講和条約が締結されたことにより樹立。

    • 両国間には、定期的に開催されている2+2外務・防衛閣僚級会議を含む、複数の政府間協議メカニズムがあり、双務的な問題や地域、国際協力に関する問題まで、高官・実務者両レベルで行われている意見交換。

    • 2016年に、日本は、インドにおける重要インフラの整備及び急速な発展による社会的および環境への問題に対処するため、政府開発援助(ODA)を提供する旨を含んだ「国別開発協力方針」を発表。

    • 2016年3月1日以降、インドは、ビジネス目的も含め、全ての日本人訪問者を対象とする「到着時の入国ビザ」システムを発表。

    • 2011年に、インドと日本の間で「包括的経済連携協定」が締結。

    • 日本は2000年~2019年までの間、インド経済にとって世界で3番目に大きい投資国であり、累積FDI(海外直接投資)額は約302.7億ドルに達し、それは同期間におけるインドへの総FDI額の7.2%に及ぶ。

    • 2017年~2018年の間、日本からインドへの輸入額は約109.7億ドルに達し、日本はインドにとって世界で12番目の輸入国となった。また2017年~2018年までのインドから日本への輸出額約47.3億ドルで、インドにとって日本は世界で18番目の輸出国となった。

    • 過去11年間におけるインドの輸入額約73%の上昇を見せており、2007年~2008年における約63億ドルから、2017年~2018年における約109億ドルへと成長している。日本からの主な輸入品には、電気機器、輸送機器、化学製品とそれに関連したもの、および鋼鉄が含まれる。

    • 過去11年間におけるインドの輸出額約22%の上昇を見せており、2007年~2008年における約38.5億ドルから、2017年~2018年における約47.3億ドルへと成長している。日本への主な輸出品には、石油とその関連製品、石炭・コークスといったミネラル燃料、および有機化合物が含まれる。

    • 幾世紀にもわたって、日本インド間には、東アジアへの仏教の広まりに端を発する強い文化的つながりがありました。日本仏教は現代においても日本社会において大きな役割を持っており、その結果, 日本人とインド人の間には多くの共通したアイデンティティを見出すことができる。

    • 第二次世界大戦後の日本インド間の文化交友の始まりは、1949年に当時のインド首相ジャワハルラール・ネルーが東京の上野動物園に1頭のインド象を寄贈したことから始まった。

    • 1952年に日本とインドの間で講和条約が締結され、その後1956年には両国間で文化協定が結ばれた。

    • この文化協定によって、日本とインドの間における科学面、芸術面、教育面での文化交流システムが構築された。またこの協定により、文化交流の指針を決定する2つの日印混合委員会創設された。

    • さらに、最近の両国間における文化交流の例としては、2009年9月に東京にてオープンしたヴィヴェーカーナンダ文化センター、そして2017年6月の「第3回国際ヨーガの日」に伴って大使館・総領事館により企画・開催された一連のイベントがあげられる。

顕著な投資

インドにて日本

1997年のトヨタ自動車株式会社との記念すべき提携は、インド産業界の成長に向かって突き進む私たちの決意を後押しした。

トヨタ・キルロスカ・モーターはトヨタ自動車株式会社の子会社として、カルナタカ近郊のビダディにて2つの製造工場を操業している。 ...続きを読む

過去37年間のインドにおける操業の実績。

マルティ・スズキ・インディアは、自動車やその構成部品、スペアパーツを主にインド、そして他のアジア諸国やヨーロッパ、アフリカ、… ...続きを読む

ユニクロ

ユニクロは、2019年10月にニューデリーに1号店をオープンし、インドに進出しました。それ以来、デリーとNCRにそれぞれ2店ずつ出店しています。グローバルなアパレル小売店です。日本とは別に、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、米国、英国、フランス、 ...続きを読む

日本にてインド

インフォシスは過去15年間に渡り、日本で操業をしていいる。

国内のあらゆる拠点で、合わせて1000人以上の社員が様々な顧客のプロジェクトをサポートしていいる。 ...続きを読む

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは2014年に創設された。

日本TCSは三菱株式会社(49%)とTCSインド(51%)間におけるジョイントベンチャー企業です。当該社の発表した受賞歴のある「… ...続きを読む

Investible Projects

Explore Opportunities

Play Video
  •  
    Projects

    4865

  •  
    Opportunity

    $209.15 bn

  •  
    Promoters

    873

  •  
    District

    682

  •  
    Private Projects

    205

  •  
    Govt. Projects

    4660

最近の投資例

バグワークスは、スーパーバグ対策用抗生物質を開発するためのシリーズA資金900万ドルを調達した。

シリーズA資金調達とCARB-X賞により、バグワークスはその薬品を臨床試験にかけることができ、世界的脅威となっている薬物耐性に対処する新たな道を見つけることが可能となった。

ソフトバンクによる80億ドル以上のインド投資。

2014年12月、日本のインターネットの「巨人」、ソフトバンク・グループの創設者・孫正義氏は、当グループがインド市場に対し、2024年までに約100億ドルの投資をする旨、発言をした。ですが、孫氏のその発言以来過去5年でソフトバンクはすでに80億ドルを超える投資を行なっており、目標額に期限を待たず到達するものと見込まれている。

スズキのハンサルプール工場近くに、新たに17の自動車付属部品工場。

スズキ株式会社は、グジャラート州のハンサルプール工場近く、バガプーラに新たに17の自動車付属部品工場を建設することを予定しており、1.31億ドルの投資額が見込まれている。

日産はカレーラ州のテクノパークに新たにデジタルハブを設立する模様。

日産は開発促進のため、ケララ州のティルヴァナンタプラムにあるテクノパークにR&D(研究開発)施設を設立する可能性を探っている。当ベンチャーによって、その初期段階においてさえ約500のハイエンド職雇用を生み出すことが期待されている。

コベルコ建機はスリ市にて工場拡張工事を起工。

コベルコ建機株式会社アーンドラ・プラデーシュ州のスリ市にある生産施設のキャパシティ拡張を開始し、約1,150万ドルの投資を見込んでいる。

イセ食品は鶏卵生産業および卵加工業への投資を計画中。

日本最大の卵生産業者・イセ食品はインド食品加工産業省と、鶏卵生産業、卵加工業での支援、およびテランガーナ州におけるイセ-スズキ・メガプロジェクトにおける3,400万ドルの投資を約束した了解覚書を交わした。

住友はインドの不動産分野に20億ドルのプロジェクトと共に参入。

日本の住友商事とインドの自動車部品製造業・クリシュナ・グループは、インドの不動産市場において50:50のジョイントベンチャー「クリスミ・シティ・プロジェクト」をハリヤーナー州のグルグラムに設立する予定で、20億ドルの投資が見込まれている。

パナソニックは初の冷蔵庫工場を始業。

パナソニック・インディアは、1,800万ドルの投資を伴う、初の冷蔵庫製造工場ハリヤーナー州に設立。 

セガサミーとGHVアクセラレーター、新たに10件の操業開始、1件につき10万ドルの投資 。

日本のエンターテインメント企業・セガサミーはグルグラム市に拠点を置くGHVアクセラレーターパートナーを組み1件につき最低10万ドルの開業資金を伴う新たな10件の操業開始

日本のリクルートグループ、その他はオンライン融資・ルビークに投資 。

ムンバイに拠点を置くルビークはファイナンシャル商品のためのオンライン市場で、日本のリクルートグループ、およびロシアのベンチャー資本・エメリーキャピタルからの公開されていない額の資金調達を行なった。

日本のMNC東レはアーンドラ・プラデーシュ州のスリ市にて投資。

日本のMNC東レは、アーンドラ・プラデーシュ州のスリ市に工業用繊維品製造工場を新規設立する予定で、約1.57億ドルの投資が見込まれている。

日本 プラス

インベスト・インドの日本 プラスは、インドへのエントリープランを探検して実現させるワンストップショップです。中央政府諸省庁及び、連邦省庁、規制当局と密接に協力して、インドのビジネスを始める際にシームレスな体験をお届けします。

主な機能

  • 投資促進の全範囲 - 研究、アウトリーチ、プロモーション、円滑化、アフターケア
  • セクター間で、プロジェクトの開始、誘致、促進及び日本からの投資の迅速な追跡と保有
  • セクター間、特定のプロジェクトにおける投資機会に関する情報の提供
  • インドへの投資に関心のある日本の中小企業への総体的な支援の提供

チームの優位性

  • 迅速なライセンス承認

  • 政策提唱の提供

  • 場所の評価

  • ビジネス諮問

  • クレーム対処

インドと日本は古代文明と活気に満ちた民主主義である。日本は、苦労して得た知識や技術を展開できる機会を必要としています。私たちの友情と相互信頼の強さで、私は、より多くの日本の人々と企業が来て、ライブとインドで働く 

シュリナレンドラモー, インドの名誉首相 を招待

私は、インドと日本のパートナーシップは、戦略的かつグローバルな特別な状態にしたいと思います。両国が努力を合わせれば、インドは世界の工場になることができる。我々は、インドのを の政策にコミットしている。

安倍晋三, 日本の名誉 午後

「日本とインドは緊密になっています。それはちょうど経済的な関与ではない、それは人々が起こっている交換する人々です。安倍首相は、二国間関係の強化に特に関心を持っている」

の平松健司氏, 駐日インド大使

日印スタートアップ・ハブ

  • final gif
  • 自動車

    • 3番目

      に大きい重量トラック生産国 

    • 4番目 

      に大きい自動車生産国  

      • 最大の二輪車および三輪車生産国
      • 2番目に大きなバス生産国
      • 過去最高の二輪車輸出量
      • 過去最高の三輪車輸出量
    訪問セクター 3Investible Projects
  • 医療機器

    • アジアで

      4番目、

      世界で20番目の市場規模 

    • 現在61

      億ドルの市場規模 

      • 自動ルートを通して、100%海外直接投資が可能
      • インドの保険浸透度は、2020会計年度までに80億ドル以上に達することが見込まれている
      • 医療機器製造業は年平均成長率(CAGR)16% 
    訪問セクター 8Investible Projects
  • 織物・衣類

    • 2番目

      に大きな織物・アパレル輸出者 

    • 世界の

      95

      の手織り生地はインドで生産 

      • 最大のコットン、ジュート生産国
      • 2番目に大きなポリエステル、絹、ファイバー生産国
      • インドのGDPの2%
      • 総工業生産量14%を占める
      • 総工業生産額の7%を占める
      • 4,500万人以上の雇用を生み出している
      • インドの繊維分野では100%海外直接投資可能
    訪問セクター 7Investible Projects
  • 電子システム

    • 2番目

      に大きなスマートフォン市場 

    • 3番目

      に大きな科学技術分野でのマンパワー 

      • 2023~2024年度までに4,000億ドルの市場規模
      • 2017~2018年度電子分野の市場規模は1,120億ドルに
      • 電子機器の現在の需要の50%を輸入
      • 自動ルートを通して100%海外直接投資可能
    訪問セクター 11Investible Projects
  • 食品加工

    • 食糧総生産量において世界で

      2番目

      の大きさ

    • 世界で

      2番目

      の魚生産国

      • 世界最大の牛乳生産国
      • 世界で2番目の園芸作物生産国
      • 最大のスパイスおよびスパイス製品の生産国、消費国、輸出国
      • 100%海外直接投資可能
    訪問セクター 47Investible Projects
  • 再生可能エネルギー

    • 70GW

      を超える再生可能エネルギーの設備容量 

    • 4番目

      に高い風力設備容量 

      • 世界で5番目の再生可能エネルギー容量
      • 5番目の太陽設備容量
      • 世界最大規模の再生可能エネルギー容量拡大プログラム
      • 全ての再生可能エネルギー源において100%海外直接投資可能
    訪問セクター 9Investible Projects

ブロシュアー

私たちについて

インベスト・インディア

インドにおけるあなたの成功ためにワンストップショップ

私たちの名誉ある受賞履歴

世界最多の受賞をした投資促進機関です

  • 投資促進における素晴らしいパートナリングにより、国連会議・貿易開発投資促進賞2016受賞
  • 環インド洋地域協力連合より投資賞2016受賞
  • 年次投資会議(AIM)において、2016年、2017年、2018年と3年連続でベスト投資プロジェクト賞受賞
  • 持続可能な開発における投資促進により、UNCTAD賞2018受賞
  • GPTW2018調査により、インベスト・インディアは「最高の職場」として認定