スナップショット

エキゾチックな動植物の無限の多様性

面積の86%以上が熱帯雨林の下にあり、アンダマンニコバル諸島は木材産業に魅力的な機会を提供しています。

インド洋に位置するアンダマンニコバル諸島は、ベンガル湾の南東部にある572の島々のグループです。島々はインドネシアとタイのすぐ近くにあります。 23の港と首都ポートブレアの国際空港で世界の他の地域との接続が良好であるため、アンダマンとニコバル諸島でのビジネスチャンスはたくさんあります。 1,962 kmの長い海岸線は、海洋産業への投資、および現在インドで初期段階にあるクルーズ観光への大きな機会を提供します。

アンダマンニコバル諸島の総作付面積は16,500ヘクタールを超え、ココナッツ、水田、バナナ、ビンロウジュなどの主要作物があります。 A&N諸島の14,491ヘクタールの面積は、「大面積認証」スキームの下で有機認証を付与された最初の大規模な隣接地域になります。アンダマンニコバル諸島には手工芸品のビジネスチャンスがたくさんあります
訪問する観光客からの高い需要による産業。島々はまた、IT / ITeSベースの産業を促進し、その専用セクターポリシーの下でさまざまなインセンティブを提供しています。島には2,400のMSMEユニットがあります。

アンダマンとニコバル諸島は、シュノーケリングやスキューバダイビングなどのウォータースポーツやアドベンチャーアクティビティを提供するいくつかのビーチがある主要な観光名所です。これらの島々を取り巻く沿岸地帯は、世界で最も豊かなサンゴ礁の生態系の1つです。

魚種資源

推定水産ポテンシャル1.48万ルピー(インドの総水産ポテンシャルの3.8%)

観光客

2019年中に515,000人以上の観光客の到着を記録

排他的経済水域(EEZ)

島周辺の排他的経済水域(EEZ):6,00,000sq。Km(インドのEEZの30%)、海岸線(小川を除く):1962 Km(インドの海岸線の1/4)

Fisheries

Fisheries

The Andaman & Nicobar Islands have vast potential for fisheries development in view of its Coastal length of about 1,962 km and Continental shelf area of 35,000 Sq Km.

The Exclusive Economic Zone (EEZ) around these islands is about 6,00,000 Sq. Km with an estimated Fishery potential is 1.48 lakh MT which is 3.8% of our Country’s total Fishery Potential. For augmentation of Fish production and to harvest the untapped fishery resources without effecting the fragile ecosystem, the Department of Fisheries, A & N Administration is implementing Various schemes/programmes. The islands have about 7034 Licensed Fishers. 

工業用地銀行ポータル

州で事業運営を設定するために利用可能なインフラストラクチャを表示するGISベースのマップ。

地図上のデータ

  • アンダマンニコバル諸島に関する情報

主要な投資家

Updates From Andaman and Nicobar Islands