スナップショット

持続可能な明日を受け入れる

インドは何百万もの人々を貧困から救い出し、より良い生活の質を確保することに専念しています。

我が国は世界人口の 17% を占めるにもかかわらず、世界の排出量のわずか 5% を負担しており、責任ある地球市民としての我が国の取り組みを示しています。インドは「社会全体」のアプローチを通じて、地域社会から企業、社会的弱者に至るまで、あらゆる人々を巻き込んで持続可能な未来を築くことに取り組んでいます。我が国は、「Sabka Saath Sabka Vikas」というモットーを通じて輝くすべての人のための包括的な成長を信じています。この国は、より良い世界に向けた革新的なソリューションを受け入れながら、豊かな伝統を讃えながら、持続可能な明日に向けた旅に乗り出しました。一緒に、今後何世代にもわたって持続可能なインドを作りましょう。

  • GW

    2030年までの非化石燃料生産能力

  • %

    再生可能エネルギーによって満たされる国のエネルギー要件

  • %

    2030 年までに経済の炭素強度を削減

インドは、気候変動に関する国家行動計画(NAPCC)に基づいて8つの国家ミッションを立ち上げた。

2070 年までにネットゼロエミッションの目標を達成するというコミットメント。

インドの炭素排出総量は、2030 年までに 10 億トン削減されると予測されています。

業界シナリオ

インドは世界の人口の約 6 分の 1 を擁し、急速に経済成長を遂げており、国家として持続可能性を受け入れるという驚くべき取り組みと組み合わされた気候正義の推進に専念しています。この国は、Swachh Bharat Abhiyan、Ayushman Bharat、Digital India などの取り組みを通じて、持続可能な成長と開発に並々ならぬ重点を置いていることで際立っており、その取り組みを体現しています。インドの2020年自主国家レビューは、国連のSDGsに関するハイレベル政治フォーラムで、貧困撲滅、男女平等、クリーンエネルギー、ヘルスケアの成果を強調した。 • Sashakt Bharat - Sabal Bharat (力と回復力のあるインド)

  • Swachh Bharat - スワス バーラット (清潔で健康的なインド)
  • サマグラ バーラト - サクシャム バーラト (包括的で起業家精神のあるインド)
  • Satat Bharat – Sanatan Bharat (持続可能なインド)
  • Sampanna Bharat - Samriddh Bharat (繁栄と活気に満ちたインド)

GOIは、気候変動政策、ネットゼロ目標、COP27の約束、NDCsを通じたグリーン成長へのインドのコミットメントを再確認し、それによってパリ協定に対する揺るぎない献身と、すべての人にとって持続可能な未来を築くという断固としたコミットメントを示している。

成長の原動力

  • 無駄を富に

    このミッションは、世界的な技術力を活用して、廃棄物処理、大気環境の悪化、水域汚染の増加の問題に対処することで、13億人のインド人に社会経済的利益をもたらすことを目的としています。

  • ミッションライフ

    環境のためのライフスタイル。環境を保護し維持するための個人やコミュニティの行動を促すインド主導の世界的な大衆運動。実装を成功させるには、需要の変化、供給、政策の 3 つのフェーズが特定されています。

  • 循環経済への移行

    政府は、線形経済から循環経済への移行を加速するために、NITI Aayog と MoEFCC の代表、中小企業、業界の代表で構成される 11 の重点分野について 11 の委員会を設置しました。

arrowarrow

工業用地銀行ポータル

GIS - 州内での事業運営に利用可能なインフラストラクチャを表示する地図。

投資可能なプロジェクト

への投資機会 持続可能性

    最新の 持続可能性

    プレスリリース Jan 31, 2024

    NTPCとオイル・インディア・リミテッドのヌマリガル製油所がグリーンケミカルとグリーンプロジェクトで戦略的パートナーシップを構築

    今すぐ読む

    プレスリリース

    NTPCとオイル・インディア…

    プレスリリース

    インドの 66 の空港は 100% グリーン エネルギーで運営されています

    New India Timeline @2047

    2024
    DRAG TO VIEW MORE

    Disclaimer: All views and opinions that may be expressed in the posts on this page as well as post emanating from this page are solely of the individual in his/her personal capacity