スナップショット

持続可能な世界の創造

インドは、2021 年の再生可能エネルギー国の魅力指数で 3 位にランクされ、世界で 3 番目に大きなエネルギー消費国です。

国は、2022 年末までに 175 GW 相当の再生可能エネルギーの容量を達成するという野心的な目標を設定しました。これは、2030 年までに 500 GW に拡大します。これは、再生可能エネルギーにおける世界最大の拡張計画です。

インドは、新しい太陽光発電容量でアジアで 2 番目に大きい市場であり、世界では 3 番目です (2021 年に 13 GW の追加)。総設置量 (60.4 GW) で 4 位にランクされ、初めてドイツ (59.2 GW) を追い抜きました。

インドに設置された再生可能エネルギー容量は、過去 8.5 年間で 396% 増加し、159.95 ギガ ワット (大規模な水力を含む) を超えており、これは国の総容量の約 40% (2022 年 3 月 31 日時点) です。設置された太陽エネルギー容量は、過去 8 年間で 19.3 倍に増加し、2022 年 6 月 1 日時点で 56.6 GW に達しています。設置された再生可能エネルギー容量 (大規模な水力を含む) は、2014 年 3 月の 76.37 GW から 5 月には 159.95 GW に増加しました。 2022 年、つまり約 109.4% の増加。

インドは、非化石ベースの総設備エネルギー容量 159.95 GW で NDC 目標を達成しました。これは総設備容量の 41.4% です。

再生可能エネルギー産業では、政府の事前承認なしで、自動ルートで最大 100% の FDI が許可されます。

2003 年電力法の規定に従い、再生可能エネルギーの発電および配電プロジェクトの自動ルートでは、最大 100 %の FDI が許可されています。
詳細については、 FDI ポリシーを参照してください。

  • +GW

    インドにおける再生可能エネルギーの可能性

  • GW

    再生可能エネルギー導入容量(2022年5月現在)

  • %

    総設置容量のシェア

  • 再生可能エネルギー設備容量の増加(2013-14年度から2020-21年度)

再生可能エネルギーの総容量追加で世界第 3

世界で 4番目に大きい風力発電の設備容量

新しい太陽光発電 (PV) 容量の世界第 3の市場

業界シナリオ

再生可能エネルギー源の合計設置容量は 150 GW 以上です。

2022 年 8 月 31 日の時点で、大規模な水力発電を含む再生可能エネルギー源の合計設置容量は 163 GW です。

以下は、再生可能エネルギーの設備容量です。

  • 風力:41.2GW
  • 太陽光発電: 59.34 GW
  • バイオマス・コージェネレーション:10.2GW
  • 小水力発電:4.88GW
  • エネルギーへの廃棄物: 0.47 GW
  • 大規模水力: 46.85 GW

インドは、2030 年までに国内経済の炭素強度を 45% 未満削減し、2030 年までに設置された累積電力量の 50% を達成し、2070 年までに正味ゼロの炭素排出を達成するという目標を設定しました。 低炭素技術2030 年までにインドに最大 800 億ドル相当の市場を生み出す可能性があります。

インドの目標は、2030 年までに 5 トンのグリーン水素を生産することです。グリーン水素の目標は、インドの電解槽製造能力が 2025 年までに年間 8 GW に達すると予測されています。インドのグリーン水素市場の累積価値は、2030 年までに 80 億ドルに達する可能性があります。インドでは、水素生産を増強するために、少なくとも 50 ギガワット (GW) 以上の電解槽が必要になります。

  • 総容量40GWの59のソーラーパークがインドで承認されました
  • Pavagada (2 GW)、Kurnool (1 GW)、および Bhadla-II (648 MW) のソーラー パークは、国内で稼働している 7 GW 容量の上位 5 つのソーラー パークに含まれています。
  • 容量30GWの世界最大の再生可能エネルギーパークの太陽風ハイブリッドプロジェクトがグジャラート州に設置中
  • インドは再生可能エネルギー部門への投資に絶好の機会を提供しています。インドで進行中の 1,969 億ドル相当のプロジェクト
  • Wind Energy は、2030 年までに 30 GW のオフショア目標を掲げており、3 つの潜在的なサイトが特定されています。

連合予算 2022 のハイライト

  • ソーラー PLI スキームのための INR 19500 Crore の追加割り当て
  • 公共部門のプロジェクトにおけるソブリングリーンボンドの導入
  • 火力発電所で 5 ~ 7% のバイオマス ペレットを混焼し、年間 38 MMT の二酸化炭素を節約

成長ドライバー

  • 政府のコミットメント

    インドの総予測炭素排出量を 2030 年までに 10 億トン削減し、10 年間の終わりまでに国内経済の炭素強度を 45% 未満削減し、2070 年までに正味ゼロの炭素排出を達成し、インドの再生可能エネルギーの設置容量を 500 に拡大する2030年までのGW。

  • 提案されているソーラーシティと公園

    州ごとに 1 つのソーラー シティが承認され、全国に 37 GW の 45 のソーラー パークを設置する承認が得られます。

  • 機会の新しい分野

    風 – ソーラーハイブリッド、オフショア風力エネルギー、水上太陽光発電プロジェクト、グリーン水素

  • Atmanirbhar バーラト

    Atmanirbhar Bharat 3.0 の下で導入された、INR 24,000 crores の財務支出を伴うソーラー PV 製造における PLI スキーム。 2022 年 4 月 1 日より、太陽電池セルに 25%、太陽光発電モジュールに 40% の基本関税が課せられます。

arrowarrow

工業団地銀行ポータル

GIS - 州内での事業運営に利用可能なインフラストラクチャを表示する GIS ベースのマップ。

主な投資家

地図上のデータ

最新の 再生可能エネルギー

ポータルSep 14, 2020

インド工業用土地銀行

今すぐアクセス

ポータル

インド工業用土地銀行

報告する

アニュアルレポート|新・再生可能エネルギー省2019-20

報告する

スキルインデックス-インドのクラスター全体の測定

報告書

Doing Business India 2020

パンフレット

再生可能エネルギーセクター

よくある質問

Frequently
Asked Questions

ソーラーシティ開発プログラムに分類される州はいくつありますか?

「太陽都市開発プログラム」では、合計60の太陽都市が特定されています。

詳細については、ここをクリックしてください

Was it helpful?

ソーラーシティとは?

ソーラーシティは、都市の再生可能エネルギー源からの供給の強化とエネルギー効率対策の組み合わせにより、5年間の終わりに従来のエネルギーの予測される需要を最低10%削減することを目指しています。基本的な目的は、地方自治体に再生可能エネルギー技術とエネルギー効率対策を採用するよう動機づけることです。

詳細については、ここをクリックしてください

Was it helpful?

この部門で政府が実施する新しい技術は何ですか?

新再生可能エネルギー省(MNRE)は、新技術に関するさまざまなプログラムを採用しています。これらのプログラムの一環として、研究、開発、実証に関連するさまざまなプロジェクトが開始されました。これらのイニシアチブは、さまざまな研究、科学および教育機関、大学、国立研究所、産業などで行われています。これらのプロジェクトは、国の先住民の研究と産業基盤、専門知識、訓練された人材とプロトタイプ/デバイス/システムの開発に役立っています

a。水素エネルギー
b。化学エネルギー源(燃料電池)
c。電池式車両
d。地熱エネルギー
e。海洋エネルギー
f。バイオ燃料

Was it helpful?

研究開発に関わる戦略とは?

業界主導で目標指向の技術開発のための研究開発。

1.産業および科学的確立の関与。
2.「車輪の再発明」を避けて、他の場所で技術開発にアクセスします。
3.新興技術の先住民の研究開発と利用可能な技術の改善。
4.結果の達成について明確に理解している、認識された/識別された業界および機関に割り当てられる、識別されたR&Dアクティビティの時間制限付きの特定のタスク。

Was it helpful?

州ごとの発電能力はどれくらいですか?

発電容量は州ごとに記載されており、 リンクからアクセスできます

Was it helpful?

すべて見る

Invest India Timeline

2022
DRAG TO VIEW MORE
pin
JSP signs MoU with Greenko for 1000 MW carbon-free energy

With an aim to become a net zero steel company by 2033, Jindal Steel and Power... Visit Page

Disclaimer: All views and opinions that may be expressed in the posts on this page as well as post emanating from this page are solely of the individual in his/her personal capacity