スナップショット

水産養殖

世界のタンパク質需要の未来を煽る

世界の人口は2050年に98億人に達すると予想されており、これは既存の食料資源への圧力がさらに高まることを意味します。養殖部門は、タンパク質に対する世界的な需要の高まりに対応する上で重要な役割を果たすことができます。

インドは世界で2番目に大きな魚の生産国であり、インドの魚の約68%は水産養殖部門から来ています。雇用の面では、このセクターはインドの2,800万人以上の人々、特に社会から取り残された脆弱なコミュニティの生活を支えています。 2020-21年の水産業からの輸出収入は60億ドルでした。

水産・畜産・酪農省の水産局は、これまでで最高の投資を行った旗艦スキーム「Pradhan Mantri Matsya Sampada Yojana(PMMSY)-インドの水産セクターの持続可能で責任ある開発を通じてブルー革命をもたらすスキーム」を実施しています。すべての州/連合地域(UT)で、2020-21会計年度から2024-25会計年度までの5年間で20,050ルピーの投資。

インドの魚および魚製品の最大の輸出先は、中国、米国、東南アジア、欧州連合、および日本です。

  • 水産業部門は、2014-15年以来10.87%の目覚ましい二桁の平均年間成長率を示しており、2020-21年度の魚の生産量は過去最高の145万トンでした(暫定)
  • 2020年度の魚の生産量の74%は内陸漁業によるものであり、残りの26%は海洋漁業によるものでした。
  • 2,800万人の漁師と養殖業者が、水産養殖セクターで一次レベルで従事しています。

インドの養殖および水産養殖セクターの自動ルートでは、100%のFDIが許可されています

詳細については、 FDIポリシーを参照してください。

  • 2020年のインドの魚生産における水産養殖の貢献

  • 2020年度のセクターの平均年間成長率

  • 2020年度の農業GVAにおけるセクターの貢献

  • 2019年度の国内GVAにおけるセクターの貢献

最大の養殖エビの生産者および輸出者

2番目に大きい養殖生産国

世界の生産量の7.56%を占める世界第2位の魚生産国

業界シナリオ

冷凍エビと冷凍魚-インドのトップマリン輸出

人口の増加に伴い、栄養食の需要の高まりに対応するため、既存の資源へのストレスが大幅に高まっています。水産養殖部門は、この増大するタンパク質の需要を満たす上で重要な役割を果たしています。


インド固有の重要な事実:

  • 10.432020年度のMMT内陸水産生産
  • 3.722020年度のMMT海洋水産生産
  • 2020年度の観賞用水産の156万ドルの輸出
  • 観賞用水産の最大の輸出先:タイ;アラブ首長国連邦;シンガポール;香港;中国;ヨルダン;台湾
  • 観賞用漁業の主要な繁殖ユニットがある州:タミルナードゥ州;マハラシュトラ;ケララ;ラジャスタン;マディヤプラデーシュ;ヒマーチャルプラデーシュ州;西ベンガル
  • 合計1548の魚の着陸センター
  • 402,949.38MTの容量を持つ654の冷蔵倉庫
  • 23,267.80MTの容量を持つ42のチルドストレージ
  • 容量30,151.92MTの90の干物貯蔵庫
  • サガルマラの下の漁港-省は、サガルマラプログラムの下で1740.26ルピー相当の17の漁港プロジェクトを認可しました。

成長ドライバー

  • デマンドサイドドライバー

    魚は手頃な価格で豊富なタンパク質、ミネラル、ビタミンの供給源であり、動物ベースの食事に向けてライフスタイルと食生活を変えています。人口の増加によるタンパク質の需要の増加。

  • 供給側のドライバー

    多様な水産資源を意味する豊富で多様な水資源のセット。インドで見つかった魚介類の種に関しては、世界の生物多様性の10%。 202万平方キロメートルのEEZと十分に活用されていない内水は、大きな可能性を秘めています。

  • ポリシーサポート

    水産養殖インフラ開発基金(FIDF)-INR7522.48Cr。 Pradhan Mantri Matsya Sampada Yojana(PMMSY)-20,500ルピー食品加工産業向けの生産連動インセンティブスキーム-INR10900Cr。 FDIポリシー-100%FDIは、養殖および水産養殖の自動ルートで許可されています。

arrowarrow

工業用地銀行ポータル

州で事業運営を設定するために利用可能なインフラストラクチャを表示するGISベースのマップ。

主な投資家

Invest India Timeline

2022
DRAG TO VIEW MORE

Disclaimer: All views and opinions that may be expressed in the posts on this page as well as post emanating from this page are solely of the individual in his/her personal capacity