スナップショット

13億7000万ドルの銀行

21年度のCAGRを伴う銀行資産総額は2.16兆ドルで、2.25%でした。

オフラインおよびオンラインATMの数:〜214,000

銀行支店数:〜158,400

総預金:〜$ 1.6 Tn

歴史的に、インドの銀行は、高い貯蓄率と貯蓄の増加、および可処分所得の増加の恩恵を受けてきました

インドの銀行業界は、世界的な激変にもかかわらず、歴史的に世界で最も安定したシステムの1つでした。政府は一貫して、国の銀行不足の人口を銀行の範囲内に収めることを目的としたさまざまなイニシアチブを通じて金融包摂を促進するよう努めてきました。

27%のCAGRで成長する個人ローンの組成(FY21-26);デジタル貸付は最大48%のCAGRで成長する

インド政府は、特に金融包摂の議題に関して、同国の銀行セクターを支援してきました。フラッグシッププログラムであるPradhanMantriJan Dhan Yojana(PMJDY)は、銀行口座を開設し、すべての人に支払いカードを発行することにより、銀行口座を持たない人々にユニバーサルバンキングサービスを提供することを目的として2014年8月に開始されました。一方、COVID-19の影響に対応するため、政府は銀行セクターを支援するためにさまざまな政策を実施しました。

デジタルインディアイニシアチブの一環として、政府。 India Stackと呼ばれるオープンAPIポリシーを義務付け、サードパーティプロバイダーに5つの主要プログラム(Aadhaar(政府の生体認証データベース)、e-KYC、e-signing、プライバシー保護されたデータ共有、およびUPI

詳細については、 FDIポリシーを参照してください

  • 公共部門の銀行

  • 民間銀行(PSU)

  • 外国銀行

  • 地方の地方銀行

  • スモールファイナンスバンク

420億ドル相当の32件のM&A取引による高水準のM&A活動(2019年)

Jan DhanYojanaBankの口座数は4億5000万を超えています

インドは2050年までに国内で3番目に大きな銀行セクターになる予定です

業界シナリオ

銀行資産合計は$ 2.32兆で、14〜19年度から6.64%のCAGRとして成長

GoI Pradhan Mantri Jan Dhan Yojanaの下で開設された銀行口座は4億5000万を超え、受益者口座に約215億ドルの預金があります。

投資は、主に国債に牽引され、貸出金に次ぐ銀行のバランスシート全体の資産側で2番目に大きな要素でした。 2020年の時点で、インドの銀行間の自己資本比率は規制要件を上回ったままであり、RBIはまた、銀行のレバレッジ比率をさらに緩和して貸付を後押ししました。

RBIは、745ドルの取引制限を削除し、銀行が独自の制限を設定できるようにすることで、モバイル決済の主要なイネーブラーを成長させるための措置を講じました。ストレス資産の回復は、2016年のIBCおよび2002年の金融資産の証券化と再建および担保権の執行(SARFAESI)法を通じて2019年から20年の間に改善されました。

インドの銀行資産の上位5行は約$1.3Tnです:インドステイト銀行、ICICI銀行、パンジャブ国立銀行、バローダ銀行、インド銀行

前年同期比では、2022年度第1四半期の貸付および前払金は6%増加し、パンデミックの最盛期であった2021年度第1四半期と比較して全体的に良好な貸付活動を示唆しています。

総貸付と預金は2020年から2025年にかけてそれぞれ8.77%と8.48%のCAGRで成長すると予測されており、総貸付は2025年までに約4兆ドル、預金は3.7兆ドルと予想されています。

商業銀行による総銀行信用は、2020/21年に5.6%、2019/20年に6.8%拡大した後、2021年8月に6.7%増加しました。

業界への貸付は2.3%増加し、サービスへの貸付は3.5%増加しました。産業信用の主要なセグメントであるインフラストラクチャーへの信用は5.9%増加しました。 (2021年度)

商業銀行の貸付帳簿の約30%を産業が占めており、個人貸付(29%)とサービス部門(27%)がそれに続く(2021年6月)

シティバンク(米国)はインドで最大の外資系貸し手であり、HSBC(英国)、スタンダードチャータード(英国)、ドイツ銀行(ドイツ)がそれに続きます。近年、シンガポールのDBSは、インドでのプレゼンスの拡大に積極的に取り組んでいます。

成長ドライバー

  • モバイルバンキングの取引量と価値は増加しています

    モバイルバンキング取引は、2021年度に前年比83%および59%増加しました。銀行は、パンデミック後もこの傾向が続く可能性が高いため、このプラットフォームでのフットプリントを拡大するための取り組みを強化しています。

  • デジタルバンキングの浸透の増加

    ティア2〜3の都市でのデジタルバンキングおよび決済サービスの浸透の増加。

  • インドには多様な貸し手と有望な金融技術(フィンテック)企業があります

    国の決済市場におけるグローバルテクノロジー企業を含む。

  • クレジットおよび銀行商品へのアクセスが改善されました

    政府による持続的な努力を背景に、過去10年間にわたって。

  • 政府はキャッシュレス取引を推進することに熱心です、

    また、インターネットとモバイルテクノロジーを活用して、決済インフラストラクチャを改善するためのイニシアチブを奨励しています。

  • これらの予測は、フィンテック市場の注目度の高まりによって裏付けられています

    さらに、その可能性は、インドの未開拓の人口と、中所得層と高所得層の両方の予想される上昇を考慮に入れています。

  • 消費主義の増加、

    電子商取引の浸透の高まりと経済の形式化により、カードとデジタルウォレットの使用が促進されます。

  • 大規模な消費市場

    インドは、35歳未満の人口の65%を占める若い人口に牽引され、2030年までに3番目に大きな消費者経済になるでしょう。

  • スマートフォンユーザー数

    インドはすでに世界で2番目にスマートフォンユーザー数が多く、インターネットユーザー市場で2番目に大きい市場です。

  • デジタルプッシュ

    モバイルバンキングインターネットバンキング、ネオバンキング、および民間およびインド政府によるデジタル製品とソリューションの台頭サポート:モバイル(2021年)を介して行われる93%のデジタル決済(ボリューム別)と10億枚以上のカードが流通しています

arrowarrow

工業団地銀行ポータル

GIS - 州内での事業運営に利用可能なインフラストラクチャを表示する GIS ベースのマップ。

主な投資家

地図上のデータ

最新の BFSI-銀行

ポータルSep 14, 2020

インド工業用土地銀行

今すぐアクセス

ポータル

インド工業用土地銀行

報告する

スキルインデックス-インドのクラスター全体の測定

報告書

Doing Business India 2020

よくある質問

Frequently
Asked Questions

銀行がATMの詳細を「事業所」として登録証明書に取り込む必要があるかどうか。

いいえ。銀行は、登録申請時にATMの詳細を提供する必要はありません。 2017年のCGST法で定義されているように、登録の目的上、ATM自体は事業所を構成しません。

Was it helpful?

銀行/保険会社は、GSTR-1の表8に免税および非GST供給の詳細を報告する必要がありますか?

はい。銀行/保険会社に特定の免除がない場合、情報は上記の表に記載する必要があります。

Was it helpful?

「供給請求書」は、銀行間でのローンや前払いの利子、相互の売買、外貨の購入などの免除サービスのために銀行によって発行されますか?

2017年CGST規則の規則49で読まれた2017年CGST法のセクション31のサブセクション(3)の条項(c)に従い、銀行による免除サービスの供給のための供給請求書の発行の要件があります。 。ただし、他の法律の規定に従って請求書または文書がすでに発行されている場合は、個別の供給請求書を発行する必要がないことに注意してください。さらに、2017年のCGST規則の規則54のサブ規則(5)に含まれる規定を考慮して、銀行は供給請求書の代わりに他の文書を発行することができます。

Was it helpful?

銀行がRBIに提供するサービスも課税対象になりますか?

はい。銀行がRBIに提供するサービスは、2017年のCGST法または2017年のIGST法に基づく免税の対象外であるか、GSTの範囲から除外されていないため、課税対象となります。

詳細については、ここをクリックしてください

Was it helpful?

債務証券の利息はGSTから免除されますか?

はい。債券、債券などの債務証書はローンの性質を持っているため、その利息はGSTから免除されます。

詳細については、ここをクリックしてください

Was it helpful?

すべて見る

Invest Indiaは、

Invest India Timeline

2022
DRAG TO VIEW MORE

Disclaimer: All views and opinions that may be expressed in the posts on this page as well as post emanating from this page are solely of the individual in his/her personal capacity