FDIのセクター固有の条件

Eコマース活動
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

「FDIポリシーの規定に従い、eコマースエンティティは企業間(B2B)eコマースにのみ関与し、企業間(B2C)eコマースには関与しません。

定義:

i)電子商取引-電子商取引とは、デジタルおよび電子ネットワークを介したデジタル製品を含む商品およびサービスの売買を意味します。

ii)Eコマースエンティティ-Eコマースエンティティとは、1956年会社法または2013年会社法に基づいて設立された会社、またはセクション2の対象となる外国企業を意味します。
(42)2013年会社法、またはセクション2に規定されているインドの事務所、支店、代理店

(v)(iii)FEMA 1999の、インド国外に居住し、eコマースビジネスを行っている人が所有または管理している。

iii)電子商取引の在庫ベースのモデル-電子商取引の在庫ベースのモデルとは、商品およびサービスの在庫が電子商取引エンティティによって所有され、消費者に直接販売される電子商取引活動を意味します。

iv)eコマースのマーケットプレイスベースのモデル-eコマースのマーケットプレイスベースのモデルとは、デジタルおよび電子ネットワーク上のeコマースエンティティによる情報技術プラットフォームの提供を意味し、買い手と売り手の間のファシリテーターとして機能します。

電子商取引セクターへの外国直接投資のガイドライン

i)自動ルートでの100%FDIは、eコマースのマーケットプレイスモデルで許可されています。

ii)FDIは、eコマースの在庫ベースのモデルでは許可されていません。」

Other condition:

i)デジタルおよび電子ネットワークには、コンピューター、テレビチャンネル、およびWebページ、エクストラネット、モバイルなどの自動化された方法で使用されるその他のインターネットアプリケーションのネットワークが含まれます。

ii)マーケットプレイスのeコマースエンティティは、プラットフォームに登録されている売り手とB2Bベースで取引を行うことができます。

iii)Eコマースマーケットプレイスは、倉庫保管、ロジスティクス、注文処理、コールセンター、支払い回収、およびその他のサービスに関して、売り手にサポートサービスを提供する場合があります。

iv)マーケットプレイスを提供する電子商取引エンティティは、在庫、つまり販売されるとされる商品の所有権または管理権を行使しません。在庫に対するそのような所有権または管理は、ビジネスを在庫ベースのモデルにします。ベンダーの購入の25%以上がマーケットプレイスエンティティまたはそのグループ会社からのものである場合、ベンダーの在庫はeコマースマーケットプレイスエンティティによって管理されていると見なされます。

v)eコマースマーケットプレイスエンティティまたはそのグループ会社が株式に参加しているエンティティ、またはeコマースマーケットプレイスエンティティまたはそのグループ会社が在庫を管理しているエンティティは、そのようなマーケットプレイスが運営するプラットフォームで製品を販売することは許可されません。エンティティ。

vi)マーケットプレイスモデルでは、ウェブサイトで電子的に販売できる商品/サービスは、販売者の名前、住所、その他の連絡先の詳細を明確に提供する必要があります。ポストセールス、顧客への商品の配送、および顧客満足度は販売者の責任となります。

vii)マーケットプレイスモデルでは、販売の支払いは、インド準備銀行のガイドラインに準拠して、eコマースエンティティによって促進される場合があります。

viii)マーケットプレイスモデルでは、販売された商品およびサービスの保証/保証は販売者の責任となります。

ix)市場を提供する電子商取引エンティティは、商品またはサービスの販売価格に直接的または間接的に影響を与えることはなく、公平な競争の場を維持するものとします。サービスは、eコマースマーケットプレイスエンティティまたはeコマースマーケットプレイスエンティティが直接的または間接的な資本参加または共通の管理を行うその他のエンティティによって、独立企業間で公正かつ非差別的な方法でプラットフォーム上のベンダーに提供される必要があります。このようなサービスには、フルフィルメント、ロジスティクス、倉庫保管、広告/マーケティング、支払い、資金調達などが含まれますが、これらに限定されません。マーケットプレイスエンティティのグループ会社が購入者に提供するキャッシュバックは、公正かつ差別的ではありません。この条項の目的上、同様の状況で他のベンダーが利用できないような条件でベンダーにサービスを提供することは、不公正で差別的であると見なされます。

x)統合FDIポリシーサーキュラー2017の5.2.15.1.2項に記載されている現金およびキャリーホールセール取引に関するガイドラインは、B2Beコマースに適用されます。

xi)eコマースマーケットプレイスエンティティは、販売者にそのプラットフォームでのみ製品を販売することを義務付けません。

xii)eコマースマーケットプレイスエンティティは、前会計年度の毎年9月30日までに、上記のガイドラインの遵守を確認する法定監査人の報告書とともに証明書をインド準備銀行に提出する必要があります。

サービス部門に関するFDIポリシーの条件、および適用される法律/規制、セキュリティ、およびその他の条件に従い、eコマースを介したサービスの販売は自動ルートで行われます。

ITとBPM
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

FDIは、適用される法律/規制に従い、自動ルートで最大100%許可されます。セキュリティおよびその他の条件。

キャッシュ&キャリーホールセールトレーディング/ホールセールトレーディング(MSEからの調達を含む)
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

キャッシュ&キャリーホールセールトレーディング/ホールセールトレーディング(MSEからの調達を含む)

Other condition:

キャッシュ&キャリーホールセールトレーディング/ホールセールトレーディング(WT)のガイドライン:

(a)WTを実施するために、州政府/政府機関/政府機関/地方自治機関の関連する法律/規制/規則/命令で指定されている必要なライセンス/登録/許可を取得する必要があります。

(b)政府への販売の場合を除き、卸売業者による販売は、WTが以下の事業体に対して行われる場合に限り、有効な事業顧客との「現金および持ち運び卸売取引/卸売取引」と見なされます。

(i)消費税/ VAT登録/サービス税/物品税登録を保持している事業体。または

(ii)貿易免許を保有する事業体、すなわち、免許/登録を保有する事業体/個人を反映して、政府機関/政府機関/地方自治当局によって発行された、商店設立法に基づく免許/登録証明書/会員証/登録証明書/会員証は、場合によっては、それ自体/自分自身が商業活動を伴う事業に従事していること。または

(iii)政府当局/地方自治機関からの小売業(テバザリおよび同様の行商人の免許など)を行うための許可/免許などを保持している事業体。または

(iv)法人設立または社会としての登録、または自家消費のための公的信託としての登録の証明書を有する機関。

注:WTが作成されるエンティティは、4つの条件のいずれかを満たすことができます。

(c)事業体の名前、事業体の種類、登録/ライセンス/許可などの番号、販売額など、そのような販売のすべての詳細を示す完全な記録を日常的に維持する必要があります。

(d)同じグループの企業間で商品のWTが許可されます。ただし、このようなWTからグループ会社への合計は、卸売ベンチャーの総売上高の25%を超えてはなりません。

(e)WTは、適用される規制に従って信用枠を拡張することを含め、通常の商慣行に従って実施することができます。

(f)卸売/現金およびキャリーのトレーダーは、該当する条件に従って、小売取引を行うことができます。卸売/現金および持ち運びならびに小売業を行う事業体は、これら2つの事業部門について別々の会計帳簿を維持することが義務付けられ、監査役によって正式に監査されます。ホールセール/キャッシュアンドキャリービジネスおよびリテールビジネスのFDIポリシーの条件は、それぞれのビジネス部門が個別に遵守する必要があります。

チタン含有鉱物および鉱石の採掘および鉱物分離、その付加価値および統合活動
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

チタン含有鉱物および鉱石の鉱業および鉱物分離、その付加価値および部門別規制および鉱山および鉱物(1957年開発および規制法)の対象となる統合活動。

Other condition:

(a)チタン含有鉱物および鉱石の分離のためのFDIは、以下の対象となります。
追加の条件すなわち:
(i)技術移転に伴い、インド国内に付加価値施設が設置されている。
(ii)鉱物分離中の尾鉱の処分は、2004年の原子力(放射線防護)規則および原子力(放射性物質の安全な処分)などの原子力規制委員会によって定められた規則に従って実施されるものとする。
廃棄物)規則、1987年。

(b)通知番号に記載されている「処方物質」の採掘ではFDIは許可されません。
2006年1月18日付けのSO61(E)、原子力省発行。

テキスタイル&ガーメント
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

FDI政策の規定に従い、「製造業」部門への外国投資は
自動ルートの下で。さらに、製造業者はで製造された製品を販売することが許可されています
政府なしで、電子商取引を含む卸売りおよび/または小売りを通じたインド
承認。

テレコムサービス
UPTO 49%
ABOVE 49%
FDI Permitted
100
Main condition:

テレコムインフラストラクチャプロバイダーカテゴリIを含むすべてのテレコムサービス、つまり。ベーシック、セルラー、ユナイテッドアクセスサービス、ユニファイドライセンス(アクセスサービス)、ユニファイドライセンス、国内/国際長距離、商用V-Sat、パブリックモバイルラジオトランクサービス(PMRTS)、グローバルモバイルパーソナルコミュニケーションサービス(GMPCS)、すべてのタイプISPライセンス、ボイスメール/ Audiotex / UMS、IPLCの再販、携帯電話番号ポータビリティサービス、インフラストラクチャプロバイダーカテゴリ-I(ダークファイバー、右側、ダクトスペース、タワーを提供)(他のサービスプロバイダーを除く)

Other condition:

電気通信部門のFDIは、自動で100%FDIが許可されている「その他のサービスプロバイダー」を除き、電気通信局(DoT)から随時通知されるように、ライセンシーおよび投資家によるライセンスおよびセキュリティ条件の遵守の対象となります。ルート。

デジタルメディア
UPTO 26%
FDI Permitted
26
Main condition:
デジタルメディアを介したニュースと時事のアップロード/ストリーミング

バイオテクノロジー(グリーンフィールド)
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

グリーンフィールドプロジェクト

Other condition:

なし

バイオテクノロジー(ブラウンフィールド)
UPTO 74%
ABOVE 74%
FDI Permitted
100
Main condition:

ブラウンフィールド

Other condition:

(i)「競業避止義務」条項は、政府の承認がある特別な状況を除いて、自動または政府の承認ルートでは許可されません。

(ii)投資予定者および投資先は、附属書10に従い、外国投資の申請書とともに証明書を提出する必要があります。

(iii)政府は、承認を与える時点で、ブラウンフィールドの場合にFDIの適切な条件を組み込むことができます。

(iv)ブラウンフィールド医薬品のFDIは、自動承認ルートと政府承認ルートの両方で、さらに次の条件を順守する必要があります。

(a)National List of Essential Medicines(NLEM)医薬品および/または消耗品の生産レベル、およびFDI導入時の国内市場へのそれらの供給。今後5年間、絶対的な定量レベルで維持されます。このレベルのベンチマークは、導入の年の直前の3会計年度におけるNLEM医薬品および/または消耗品の生産レベルを参照して決定されます。
FDI。これらのうち、この3年間のいずれかの最高レベルの生産がレベルと見なされます。

(b)研究開発費は、FDI導入時に絶対的な量的レベルで5年間価値ベースで維持されている。このレベルのベンチマークは、FDI導入の直前の3会計年度のいずれかで発生した最高レベルの研究開発費に関する別の記事になります。

(c)行政省は、技術移転に関する完全な情報を上記に記載し、投資先企業への外国投資の誘導を行います。

(d)行政省、すなわち保健家族福祉省、医薬品局、または中央政府から随時通知されるその他の規制機関/開発局は、条件の遵守を監視します。

注意:

私。自動ルートでの100%までのFDIは、医療機器の製造に許可されています。したがって、上記の条件は、この業界のグリーンフィールドおよびブラウンフィールドプロジェクトには適用されません。

ii。医療機器とは、(a)単独で使用されるか、ソフトウェアを含めて組み合わせて使用されるかを問わず、製造業者が特に人間または動物の1つまたは複数に使用することを目的とした器具、装置、器具、インプラント、材料、または別の物品を意味します。特定の目的:
(aa)病気または障害の診断、予防、監視、治療または緩和。

(ab)怪我または障害の診断、監視、治療、緩和、または支援。

(ac)解剖学的構造または生理学的プロセスの調査、交換、修正、またはサポート。

(広告)生命を維持または維持する。

(ae)医療機器の消毒;

(af)受胎の制御;薬理学的または免疫学的または代謝的手段によって人体または動物内または動物上でその主要な意図された作用を達成しないが、そのような手段によってその意図された機能を支援することができるもの;

(b)そのような機器、装置、器具、材料、または別の物品の付属品。

(c)試薬、試薬製品、キャリブレーター、制御材料、キット、機器、装置、機器、またはシステムである体外診断装置。単独で使用するか、それらの組み合わせで使用するかを問わず、検査に使用し、医療または情報を提供することを目的としています。人体または動物に由来する検体の検査による診断目的。

ヘルスケア(グリーンフィールド)
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

自動ルートでは100%のFDIが許可されています。事前の政府の承認は必要ありません。

ヘルスケア(ブラウンフィールド)
UPTO 74%
ABOVE 74%
FDI Permitted
100
Main condition:

a) 「競業避止義務」条項は、政府の承認を得た特別な状況を除いて許可されません。

(b)将来の投資家および将来の投資先は、政府の承認を得るために提出された申請書とともに、16.4で与えられた証明書を提出する必要があります。

(c)政府の承認には、ブラウンフィールド事件への外国投資の適切な条件が組み込まれている場合があります。

(d)ブラウンフィールド医薬品への外国投資は、参入ルートに関係なく、さらに以下の条件の対象となります。

(i)National List of Essential Medicines(NLEM)の医薬品および/または消耗品の生産レベル、および外国投資の導入時の国内市場へのそれらの供給。今後5年間、絶対的な定量レベルで維持されます。このレベルのベンチマークは、外国投資の導入の年の直前の3会計年度におけるNLEM医薬品および/または消耗品の生産レベルを参照して決定されます。これらのうち、この3年間のいずれかの最高レベルの生産がレベルと見なされます。

(ii)研究開発(R&D)費用は、外国投資の導入時に絶対的な量的レベルで5年間価値ベースで維持されます。このレベルのベンチマークは、外国投資の導入の年の直前の3会計年度のいずれかで発生した最高レベルの研究開発費を参照して決定されます。

(iii)行政省は、技術移転に関する完全な情報を、もしあれば、投資先企業への外国投資の導入とともに提供される。

(iv)行政省、すなわち保健家族福祉省、医薬品局、または中央政府から随時通知されるその他の規制機関/開発局は、条件の遵守を監視します

[出典:FDIポリシーの5.2.27項]

マルチブランド小売取引
51%
FDI Permitted
51
Main condition:

(1)以下の条件を条件として、すべての製品におけるマルチブランド小売取引でのFDIが許可されます。

(i)果物、野菜、花、穀物、豆類、新鮮な家禽、漁業、肉製品を含む新鮮な農産物は、ブランド化されていない場合があります。

(ii)外国投資家がFDIとして持ち込む最低額は、1億米ドルです。

(iii)1億米ドルの最初のトランシェでもたらされた総FDIの少なくとも50%は、3年以内に「バックエンドインフラストラクチャ」に投資されるものとします。「バックエンドインフラストラクチャ」には、すべての活動への資本支出が含まれます。フロントエンドユニットのそれを除く。たとえば、バックエンドインフラストラクチャには、処理、製造、流通、設計の改善、品質管理、パッケージング、ロジスティクス、保管、倉庫、農業市場の農産物インフラストラクチャなどに向けた投資が含まれます。バックエンドインフラストラクチャの目的ではカウントされません。その後のバックエンドインフラストラクチャへの投資は、ビジネス要件に応じて、必要に応じてMBRT小売業者によって行われます。

(iv)購入した製造/加工製品の調達額の少なくとも30%は、プラントおよび機械への総投資額が200万米ドルを超えないインドの零細、中小企業から調達するものとします。この評価は、減価償却を提供せずに、インストール時の値を参照します。 「小規模産業」のステータスは、小売業者との最初の契約時にのみ考慮され、そのような産業は、その間に200万米ドルの投資を上回ったとしても、この目的のために「小規模産業」としての資格を継続するものとします。当該小売業者との関係の過程。農業協同組合や農民協同組合からの調達もこのカテゴリーで考慮されます。調達要件は、最初に、FDIの最初のトランシェが受領された年の4月1日から、購入された製造/加工製品の平均5年間の合計値として満たされる必要があります。その後、それは毎年満たされなければならないでしょう。

(v)シリアル番号の条件を確実に順守するための、会社による自己認証。上記の(ii)、(iii)、および(iv)。これらは必要に応じてクロスチェックできます。したがって、投資家は、監査役によって正式に認定された口座を維持するものとします。

(vi)小売販売店は、2011年の国勢調査によると、人口が10ラクを超える都市、または各州政府の決定によるその他の都市にのみ設置できます。また、そのような都市の地方自治体/都市の集積限界。小売場所は、関係する都市のマスター/ゾーン計画に従って適合エリアに制限され、輸送接続や駐車場などの必要な施設が提供されます。

(vii)政府は農産物を調達する最初の権利を有する。

(viii)上記のポリシーは有効化ポリシーのみであり、州政府/連邦直轄領はポリシーの実装に関して自由に決定を下すことができます。したがって、小売販売店は、このポリシーに基づいてMBRTでのFDIを許可することに同意した、または将来同意する州/連邦直轄領に設置される場合があります。合意を伝えた州/連邦直轄領のリストは次のとおりです。

(2)以下。将来的には、この方針に基づく小売店の設立を許可するこのような合意は、産業政策推進局を通じてインド政府に伝えられ、それに応じて以下の(2)のリストに追加されます。小売販売店の設立は、ショップや
事業所法等

(ix)マルチブランドの小売取引の活動に従事しているFDIを有する企業にとって、電子商取引によるいかなる形態の小売取引も許可されません。

(2)5.2.15.4(1)(viii)項に記載されている州/連邦直轄領のリスト
1.アンドラプラデーシュ
2.アッサム
3.デリー
4.ハリヤーナ
5.ヒマーチャルプラデーシュ州
6.ジャンムー・カシミール
7.カルナタカ
8.マハラシュトラ
9.マニプール
10.ラジャスタン
11.ウッタラーカンド州
12. Daman&DiuおよびDadra and Nagar Haveli(連邦直轄領)

Other condition:

なし

レザー
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

FDI政策の規定に従い、「製造業」部門への外国投資は
自動ルートの下で。さらに、製造業者はで製造された製品を販売することが許可されています
政府なしで、電子商取引を含む卸売りおよび/または小売りを通じたインド
承認。

免税店
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

(i)免税店とは、国際空港/国際空港および国際旅客の通過がある陸税関駅のカスタム保税エリアに設置されたショップを意味します。

(ii)免税店への外国投資は、1962年の関税法およびその他の法律、規則、規制に規定された条件の遵守の対象となります。

(iii)免税店事業体は、国内の関税地域で小売取引活動を行ってはなりません。

Other condition:

なし

再生可能エネルギー
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

自動ルートでは100%のFDIが許可されています。事前の政府の承認は必要ありません。

化学薬品
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

FDI政策の規定に従い、「製造業」セクターへの外国投資は自動的に行われています。さらに、製造業者は、政府の承認なしに、電子商取引を含む卸売りおよび/または小売りを通じてインドで製造された製品を販売することが許可されています。

医療機器
UPTO 100%
FDI Permitted
100
Main condition:

自動ルートでの医療機器の製造では、最大100%のFDIが許可されます。

Other condition:

なし

医薬品(グリーンフィールド)
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

グリーンフィールド

Other condition:

なし

医薬品(ブラウンフィールド)
UPTO 74%
ABOVE 74%
FDI Permitted
100
Main condition:

ブラウンフィールド

Other condition:

(i)「競業避止義務」条項は、政府の承認がある特別な状況を除いて、自動または政府の承認ルートでは許可されません。

(ii)投資予定者および投資先は、附属書10に従い、外国投資の申請書とともに証明書を提出する必要があります。

(iii)政府は、承認を与える時点で、ブラウンフィールドの場合にFDIの適切な条件を組み込むことができます。

(iv)ブラウンフィールド医薬品のFDIは、自動承認ルートと政府承認ルートの両方で、さらに次の条件を順守する必要があります。

(a)National List of Essential Medicines(NLEM)医薬品および/または消耗品の生産レベル、およびFDI導入時の国内市場へのそれらの供給。今後5年間、絶対的な定量レベルで維持されます。このレベルのベンチマークは、導入の年の直前の3会計年度におけるNLEM医薬品および/または消耗品の生産レベルを参照して決定されます。
FDI。これらのうち、この3年間のいずれかの最高レベルの生産がレベルと見なされます。

(b)研究開発費は、FDI導入時に絶対的な量的レベルで5年間価値ベースで維持されている。このレベルのベンチマークは、FDI導入の直前の3会計年度のいずれかで発生した最高レベルの研究開発費に関する別の記事になります。

(c)行政省は、技術移転に関する完全な情報を上記に記載し、投資先企業への外国投資の誘導を行います。

(d)行政省、すなわち保健家族福祉省、医薬品局、または中央政府から随時通知されるその他の規制機関/開発局は、条件の遵守を監視します。

注意:

私。自動ルートでの100%までのFDIは、医療機器の製造に許可されています。したがって、上記の条件は、この業界のグリーンフィールドおよびブラウンフィールドプロジェクトには適用されません。

ii。医療機器とは、(a)単独で使用されるか、ソフトウェアを含めて組み合わせて使用されるかを問わず、製造業者が特に人間または動物の1つまたは複数に使用することを目的とした器具、装置、器具、インプラント、材料、または別の物品を意味します。特定の目的:
(aa)病気または障害の診断、予防、監視、治療または緩和。

(ab)怪我または障害の診断、監視、治療、緩和、または支援。

(ac)解剖学的構造または生理学的プロセスの調査、交換、修正、またはサポート。

(広告)生命を維持または維持する。

(ae)医療機器の消毒;

(af)受胎の制御;薬理学的または免疫学的または代謝的手段によって人体または動物内または動物上でその主要な意図された作用を達成しないが、そのような手段によってその意図された機能を支援することができるもの;

(b)そのような機器、装置、器具、材料、または別の物品の付属品。

(c)試薬、試薬製品、キャリブレーター、制御材料、キット、機器、装置、機器、またはシステムである体外診断装置。単独で使用するか、それらの組み合わせで使用するかを問わず、検査に使用し、医療または情報を提供することを目的としています。人体または動物に由来する検体の検査による診断目的。

単一ブランド製品の小売取引
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

(1)単一ブランド製品の小売取引への外国投資は、生産とマーケティングへの投資を呼び込み、消費者がそのような商品を入手できるようにし、インドからの商品の調達を促進し、グローバルなデザインへのアクセスを通じてインド企業の競争力を高めることを目的としています。 、テクノロジーおよび管理慣行。

(2)単一ブランド製品の小売取引におけるFDIは、以下の条件に従うものとします。

(a)販売する製品は、「単一ブランド」のみである必要があります。

(b)製品は、国際的に同じブランドで販売する必要があります。つまり、製品は、インド以外の1つ以上の国で同じブランドで販売する必要があります。

(c)「単一ブランド」の製品-小売取引は、製造中にブランド化された製品のみを対象とします。

(d)非居住者または複数の事業体は、ブランドの所有者であるかどうかにかかわらず、直接またはブランド所有者との法的に維持可能な契約を通じて、特定のブランドについて国内で「単一ブランド」の製品小売取引を行うことが許可されるものとします。単一ブランドの製品小売取引を行うため。この条件を確実に順守する責任は、インドで単一ブランドの製品小売取引を行うインドの事業体にあります。投資事業体は、承認を求める際に、ライセンス/フランチャイズ/サブライセンス契約のコピーを含め、上記の条件への準拠を具体的に示す、この効果の証拠を提供するものとします。必要な証拠は、自動ルートについてはRBIに提出し、承認を伴う場合は管轄当局に提出する必要があります。

(e)51%を超える外国投資を伴う提案に関しては、購入した商品の価値の30%の調達は、インドから、できればすべてのセクターのMSME、村および家内工業、職人および職人から行われます。国内調達の量は、会社によって自己認証され、その後、会社が維持する必要のある正式に認証されたアカウントから、法定監査人によってチェックされます。この調達要件は、最初に、開業年の4月1日、つまり1号店の開店から、購入した商品の平均5年間の合計額として満たす必要があります。その後、それは毎年満たされなければならないでしょう。のために
調達要件を確認する目的で、関連するエンティティは、単一ブランドの製品小売取引を実行する目的で外国投資の受領者である、インドで設立された会社になります。

(f)このパラグラフに記載されている条件に従い、実店舗を介して運営されている単一ブランドの小売取引エンティティは、eコマースを介して小売取引を行うことが許可されています。

(3)企業の49%を超えるFDIについて政府の許可を求める申請
インドで単一ブランドの小売取引を行うことを提案するものは、
産業・国内貿易振興局産業支援事務局(SIA)。
アプリケーションは、提案されている製品/製品カテゴリを具体的に示します
「シングルブランド」で販売されます。販売する製品/製品カテゴリへの追加
「単一ブランド」の下では、政府の新たな承認が必要になります。までのFDIの場合
49%、食品以外の販売が提案されている製品/製品カテゴリのリスト
RBIに提供されます。

Other condition:

(i)5.2.15.3(2)(b)および5.2.15.3(2)(d)に記載されている条件は、インドのブランドのSBRTの実施には適用されません。

(ii)インドのブランドは、居住するインド市民および/または居住するインド市民によって所有および管理されている会社によって所有および管理されるべきである。

(iii)調達基準は、事業の開始から3年までは適用されません。つまり、「最先端」および「最先端」の技術を備えた製品の単一ブランドの小売取引を行う事業体の最初の店舗の開店です。現地調達はできません。その後、5.2.15.3(2)(e)項の規定が適用されます。事務局長DPIITの議長の下にある委員会は、NITI Aayogの代表者、関係する行政省、およびこの主題に関する独立した技術専門家とともに、「状態」の性質にある製品の問題に関する申請者の主張を検討します。 -地元での調達が不可能な「アート」および「最先端」のテクノロジーであり、そのような緩和のための推奨事項を提供します。

印刷媒体(新聞、定期刊行物、およびニュースや時事を扱った外国の雑誌のインド版の発行)
26%
FDI Permitted
26
Main condition:

1.ニュースや時事を扱った外国の雑誌のインド版の発行

2.ニュースや時事を扱った新聞や定期刊行物の発行

Other condition:

(a)「雑誌」は、これらのガイドラインの目的上、定期刊行物として定義され、非日次で発行され、公開ニュースまたは公開ニュースへのコメントが含まれます。

(b)外国投資は、2008年4月12日に情報放送省によって発行されたニュースおよび時事問題を扱った外国の雑誌のインド版の発行に関するガイドラインの対象にもなります。

印刷媒体(科学技術雑誌/専門誌/定期刊行物の出版/印刷および外国の新聞のファクシミリ版)
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

1.外国新聞のファクシミリ版の発行

2.科学技術雑誌/専門誌/定期刊行物の発行/印刷。該当する場合は法的枠組みおよび情報放送省が随時発行するガイドラインに準拠する必要があります。

Other condition:

(a)FDIは、ファクシミリ版がインドで発行されることが提案されている元の外国の新聞の所有者によって行われるべきです。

(b)外国の新聞のファクシミリ版の発行は、該当する場合、会社法の規定に基づいてインドで設立または登録された事業体のみが行うことができます。

(c)外国新聞のファクシミリ版の発行は、ニュースおよび時事を扱う新聞および定期刊行物の発行、ならびに情報放送省が31.3.2006に発行した外国新聞のファクシミリ版の発行に関するガイドラインの対象となる。随時修正されます。

宝石&ジュエリー(製造)
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

FDI政策の規定に従い、「製造業」部門への外国投資は
自動ルートの下で。さらに、製造業者はで製造された製品を販売することが許可されています
政府なしで、電子商取引を含む卸売りおよび/または小売りを通じたインド
承認。

建設開発:タウンシップ、住宅、構築されたインフラストラクチャ
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

建設-開発プロジェクト(タウンシップの開発、住宅/商業施設、道路または橋、ホテル、リゾート、病院、教育機関、レクリエーション施設、都市および地域レベルのインフラストラクチャ、タウンシップの建設が含まれます)

Other condition:

(i)FDIは、不動産事業、農家の建設、譲渡可能開発権(TDR)の取引に従事している、または従事することを提案している事業体では許可されていないことが明確にされています。 「不動産事業」とは、土地および不動産から利益を得ることを目的として取引することを意味し、タウンシップの開発、住宅/商業施設、道路または橋、教育機関、レクリエーション施設、都市および地域レベルのインフラストラクチャの建設は含まれません。 、タウンシップ。また、物件の賃貸料・賃貸収入は、譲渡に相当するものではなく、不動産事業に相当するものではありません。

(ii)上記(A)のロックイン期間の条件は、ホテル&ツーリストリゾート、病院、経済特区(SEZ)、教育機関、老人ホーム、およびNRIによる投資には適用されません。

(iii)プロジェクトの完了は、地域の付属定款/規則およびその他に従って決定されます。
州政府の規制。

(iv)タウンシップ、モール/ショッピング複合施設、およびビジネスセンターの運営および管理のための完了したプロジェクトでは、自動ルートでの100%FDIが許可されることが明確にされています。外国投資の結果として、居住者から非居住者への投資先会社の所有権および/または支配権の移転も許可されます。ただし、FDIの各トランシェを参照して計算すると、3年間のロック期間があり、この期間中の不動産またはその一部の譲渡は許可されていません。

注:上記の内容にかかわらず、不動産仲介サービスは不動産事業に相当するものではなく、自動ルートでの活動に100%の外国投資が許可されていることが明確にされています。

(v)セクターのFDI政策に関連する「移転」には、以下が含まれます。

(a)資産の売却、交換、または放棄。または

(b)その中の権利の消滅。または

(c)法律に基づく強制取得。または

(d)1882年の財産譲渡法(1882年の4)のセクション53Aで言及されている自然契約の一部履行において、不動産の所有を許可することを含む取引。または

(e)会社の株式を取得することによる、または契約または取り決めによる、またはその他の方法による、不動産の譲渡または享受を可能にする効果のある取引。

放送コンテンツサービス
49%
FDI Permitted
49
Main condition:

FMラジオ局の設置許可を与えるために、情報放送省によって随時指定される条件に従う地上波放送FM(FMラジオ)

Other condition:

1.放送コンテンツサービス(「ニュースと時事」TVチャンネルのアップリンク)

2.放送コンテンツサービス(FM)

放送セクターに関する詳細なガイドラインは、付録7に記載されています。

放送コンテンツサービス(「ニュースと時事」以外のテレビチャンネルのアップリンク/テレビチャンネルのダウンリンク)
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

「ニュースと時事」以外のテレビチャンネルのアップリンク/テレビチャンネルのダウンリンク

Other condition:

なし

放送運送サービス
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

(a)テレポート(アップリンクHUB /テレポートの設定);

(b)Direct to Home(DTH);

(c)ケーブルネットワーク(国または州または地区レベルで運営され、デジタル化に向けてネットワークのアップグレードを行うマルチシステムオペレーター(MSO))
およびアドレス可能性);

(d)モバイルTV;

(e)ヘッドエンドインザスカイ放送サービス(HITS)

(f)ケーブルネットワーク(デジタル化とアドレス可能性に向けてネットワークのアップグレードを行っていない他のMSOおよびローカルケーブルオペレーター(LCO))

Other condition:

セクター省からの免許/許可を求めていない企業への49%を超える新たな外国投資の注入は、所有パターンの変更または既存の投資家による新しい外国投資家への株式の譲渡をもたらし、政府の承認が必要になります。

民間航空セクターのその他のサービス(セクター規制およびセキュリティクリアランスの対象となるグランドハンドリングサービス)
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

セクター規制およびセキュリティクリアランスの対象となるグランドハンドリングサービス

Other condition:

(a)航空輸送サービスには、国内の定期旅客航空会社が含まれます。予定外の航空輸送サービス、ヘリコプターおよび水上飛行機サービス。

(b)外国の航空会社は、上記の制限および入国ルートに従って、貨物航空会社、ヘリコプターおよび水上飛行機サービスを運営する会社の株式に参加することが許可されています。

(c)外国の航空会社は、インド企業の資本に投資することも許可されており、支払い済み資本の49%の上限まで、定期および非定期の航空輸送サービスを運営しています。このような投資には、以下の条件が適用されます。

(i)政府の承認ルートの下で作成されます。

(ii)49%の制限には、FDIおよびFII / FPIへの投資が含まれます。

(iii)そのように行われた投資は、資本開示要件(ICDR)規則/株式および買収の実質的取得(SAST)規則など、SEBIの関連規則、およびその他の適用可能な規則に準拠する必要があります。規則。

(iv)スケジュールされたオペレーターの許可は、会社にのみ付与できます。

iv.a)登録されており、インド国内に主要な事業所がある。

iv.b)会長および取締役の少なくとも3分の2がインド国民であり、

iv.c)実質的な所有権と効果的な管理は、インド国民に帰属します。

(v)そのような投資の結果として、インドの定期および非定期航空輸送サービスに関連する可能性のあるすべての外国人は、配備前にセキュリティの観点からクリアされるものとします。そして

(vi)そのような投資の結果としてインドに輸入される可能性のあるすべての技術機器は、民間航空省の関連当局からの許可を必要とするものとします。

(i)上記5.2.9.2(1)および5.2.9.2(2)に記載されているFDI制限/入国ルートは、外国航空会社による投資がない状況に適用されます。

(ii)上記(c)(ii)で指定された投資制度に関しても、100%までのFDIに関するNRIへの分配は継続されます。

(d)上記の条件に加えて、M / s Air India Limitedへの外国投資は、以下の条件に従うものとします。(i)M / s Air India Ltd.への外国投資(外国航空会社の投資を含む)。 、直接的または間接的に49%を超えてはなりません。 (ii)M / s Air India Ltd.の実質的な所有権と効果的な管理は、引き続きインド国民に帰属します。

民間航空部門のその他のサービス(保守および修理組織、飛行訓練機関、および技術訓練機関)。
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

保守および修理組織;飛行訓練機関;および技術訓練機関。

Other condition:

(a)航空輸送サービスには、国内の定期旅客航空会社が含まれます。予定外の航空輸送サービス、ヘリコプターおよび水上飛行機サービス。

(b)外国の航空会社は、上記の制限および入国ルートに従って、貨物航空会社、ヘリコプターおよび水上飛行機サービスを運営する会社の株式に参加することが許可されています。

(c)外国の航空会社は、インド企業の資本に投資することも許可されており、支払い済み資本の49%の上限まで、定期および非定期の航空輸送サービスを運営しています。このような投資には、以下の条件が適用されます。

(i)政府の承認ルートの下で作成されます。

(ii)49%の制限には、FDIおよびFII / FPIへの投資が含まれます。

(iii)そのように行われた投資は、資本開示要件(ICDR)規則/株式および買収の実質的取得(SAST)規則など、SEBIの関連規則、およびその他の適用可能な規則に準拠する必要があります。規則。

(iv)スケジュールされたオペレーターの許可は、会社にのみ付与できます。

iv.a)登録されており、インド国内に主要な事業所がある。

iv.b)会長および取締役の少なくとも3分の2がインド国民である。そして

iv.c)実質的な所有権と効果的な管理は、インド国民に帰属します。

(v)そのような投資の結果として、インドの定期および非定期航空輸送サービスに関連する可能性のあるすべての外国人は、配備前にセキュリティの観点からクリアされるものとします。そして

(vi)そのような投資の結果としてインドに輸入される可能性のあるすべての技術機器は、民間航空省の関連当局からの許可を必要とするものとします。

(i)上記5.2.9.2(1)および5.2.9.2(2)に記載されているFDI制限/入国ルートは、外国航空会社による投資がない状況に適用されます。

(ii)上記(c)(ii)で指定された投資制度に関しても、100%までのFDIに関するNRIへの分配は継続されます。

(d)上記の条件に加えて、M / s Air India Limitedへの外国投資は、以下の条件に従うものとします。(i)M / s Air India Ltd.への外国投資(外国航空会社の投資を含む)、直接的または間接的に49%を超えてはなりません。 (ii)M / s Air India Ltd.の実質的な所有権と効果的な管理は、引き続きインド国民に帰属します。

港と輸送
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

FDIは、適用される法律/規制に従い、自動ルートで最大100%許可されます。セキュリティおよびその他の条件。

熱出力
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

FDIは、適用される法律/規制に従い、自動ルートで最大100%許可されます。セキュリティおよびその他の条件。

病院の建設
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

a) 建設開発プロジェクトの各フェーズは、個別のプロジェクトと見なされます。

(b)投資家は、プロジェクトの完了時、または幹線インフラストラクチャー(道路、給水、街灯、排水、下水道)の開発後に退去することが許可されます。

(c)上記(b)に含まれるものにかかわらず、インド国外に居住する人は、自動ルートでプロジェクトが完了する前に、外国投資を出国して本国に送金することができます。外国投資の各トランシェへの参照が完了しました。さらに、外国投資の本国送還を伴わない、インド国外居住者からインド国外居住者への株式の譲渡は、ロックイン期間または政府の承認の対象とはなりません。

(d)プロジェクトは、州政府の該当する建築基準法、条例、規則、およびその他の規則に規定されているように、土地利用要件およびコミュニティ設備と共通施設の提供を含む規範と基準に準拠するものとします。関係する市町村/地方自治体。

(e)インドの投資先企業は、開発された区画のみを販売することが許可されます。このポリシーの目的上、「開発された区画」とは、幹線インフラストラクチャ、つまり道路、給水、街灯、排水、および下水道が利用可能になっている区画を意味します。

(f)インドの投資先企業は、建築/レイアウト計画、内部および周辺地域およびその他のインフラ施設の開発、開発の支払い、外部開発およびその他の料金の支払い、その他すべての要件の遵守を含む、必要なすべての承認を取得する責任を負うものとします関係する州政府/地方自治体/地方自治体の該当する規則/付属定款/規則に規定されているとおり。

(g)建築/開発計画を承認する関係する州政府/地方自治体/地方自治体は、開発者による上記の条件の遵守を監視します。

Other condition:

注意:

(1)不動産事業、農家の建設、譲渡可能開発権(TDR)の取引に従事している、または従事することを提案している事業体への外国投資は許可されていません。

(2)ロックイン期間の条件は、ホテルおよびツーリストリゾート、病院、経済特区(SEZ)、教育機関、老人ホーム、およびNRI / OCIによる投資には適用されません。

(3)プロジェクトの完了は、地方条例/規則および州政府の他の規則に従って決定されます。

(4)タウンシップ、モール/ショッピング複合施設、およびビジネスセンターを運営および管理するための完了したプロジェクトでは、自動ルートで最大100%の外国投資が許可されます。そのような外国投資の結果として、インド居住者からインド国外居住者への投資先会社の所有権および/または支配権の移転も許可されます。ただし、外国投資の各トランシェを参照して計算された3年間のロックイン期間があり、この期間中は不動産またはその一部の譲渡は許可されていません。

(5)このセクターに関連する「譲渡」には、以下が含まれます。

a。資産の売却、交換、または放棄。または

b。その中の権利の消滅;または

c。法律に基づく強制取得。または

d。 1882年の財産譲渡法(1882年の4)のセクション53Aで言及されている性質の契約の一部履行において、不動産の所有を許可することを含む取引。または

e。会社で資本商品を取得することによる、または合意または取り決めによる、またはその他の方法による、不動産の譲渡または享受を可能にする効果を有する取引。

(6)「不動産事業」とは、利益を得るために土地および不動産を取り扱うことを意味し、タウンシップの開発、住宅/商業施設、道路または橋、教育機関、娯楽施設、都市および地域の建設は含まれません。レベルのインフラストラクチャ、タウンシップ。

説明:

a。 2014年インド証券取引委員会(REIT)規則に基づいて登録および規制されている不動産投資信託(REIT)のユニットへの投資も、「不動産事業」の定義から除外されるものとします。

b。不動産の賃貸による賃貸収入の獲得は、譲渡に相当するものではなく、不動産事業に相当するものではありません。

c。不動産に関連する譲渡には、以下が含まれます。

(i)資産の売却、交換、または放棄。または

(ii)その中の権利の消滅。または

(iii)法律に基づく強制取得。または

(iv)1882年の財産譲渡法(1882年の4)のセクション53Aで言及されている性質の契約の一部履行において、不動産の所有を許可することを含む取引。または

(v)会社で資本商品を取得することによる、または契約または取り決めによる、またはその他の方法による、不動産の譲渡または享受を可能にする効果を有する取引。

(7)不動産仲介サービスは「不動産事業」の定義から除外され、自動ルートでの不動産仲介サービスへの100%の外国投資が許可されます。

[出典:統合FDIポリシーの5.2.10項]

石油・天然ガス
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

油田および天然ガス田の探査活動、石油製品および天然ガスのマーケティングに関連するインフラストラクチャ、天然ガスおよび石油製品のマーケティング、石油製品パイプライン、天然ガス/パイプライン、LNG再ガス化インフラストラクチャ、市場調査および配合、および石油精製民間部門。石油マーケティング部門の既存の部門方針と規制の枠組み、および石油探査と国営石油会社の発見された分野への民間参加に関する政府の方針に従います。

石油精製(PSUによる)
49%
FDI Permitted
49
Main condition:

公共部門事業(PSU)による石油精製、既存のPSUへの国内資本の投資削減または希薄化なし

石炭と褐炭
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

(a)1973年の石炭鉱山(国家化)法の規定の下で許可され、その対象となる、電力プロジェクト、鉄鋼およびセメントユニットによる自家消費のための石炭および褐炭の採掘。

(b)洗濯機のような石炭処理プラントを設置することを条件として、会社は採炭を行わず、公開市場で石炭処理プラントから洗浄済み石炭またはサイジング石炭を販売せず、洗浄済みまたはサイジング石炭をそれらに供給しなければならない。洗浄またはサイジングのために石炭処理プラントに原炭を供給している当事者。

Other condition:

(a)チタン含有鉱物および鉱石の分離のためのFDIは、以下の対象となります。
追加の条件すなわち:
(i)技術移転に伴い、インド国内に付加価値施設が設置されている。
(ii)鉱物分離中の尾鉱の処分は、2004年の原子力(放射線防護)規則および原子力(放射性物質の安全な処分)などの原子力規制委員会によって定められた規則に従って実施されるものとする。
廃棄物)規則、1987年。

(b)通知番号に記載されている「処方物質」の採掘ではFDIは許可されません。
2006年1月18日付けのSO61(E)、原子力省発行。

空港(グリーンフィールド&ブラウンフィールド)
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

グリーンフィールドおよびブラウンフィールドプロジェクト

Other condition:

(a)航空輸送サービスには、国内の定期旅客航空会社が含まれます。予定外の航空輸送サービス、ヘリコプターおよび水上飛行機サービス。

(b)外国の航空会社は、貨物を運営する会社の株式に参加することが許可されています
記載されている制限と入場ルートに従って、航空会社、ヘリコプター、水上飛行機のサービス
上記。

(c)外国の航空会社は、インド企業の資本に投資することも許可されており、支払い済み資本の49%の上限まで、定期および非定期の航空輸送サービスを運営しています。このような投資には、以下の条件が適用されます。
(i)政府の承認ルートの下で作成されます。
(ii)49%の制限には、FDIおよびFII / FPIへの投資が含まれます。
(iii)そのように行われた投資は、資本開示要件(ICDR)規則/株式および買収の実質的取得(SAST)規則など、SEBIの関連規則、およびその他の適用可能な規則に準拠する必要があります。規則。
(iv)スケジュールされたオペレーターの許可は、会社にのみ付与できます。
iv.a)登録されており、インド国内に主要な事業所がある。
iv.b)会長および取締役の少なくとも3分の2
インドの市民です。そして
iv.c)実質的な所有権とその効果的な管理はインドに帰属します
国民。
(v)インドの予定されたおよび予定されていないことに関連する可能性が高いすべての外国人
そのような投資の結果としての航空輸送サービスは、セキュリティの観点からクリアされなければならない
展開前のポイント。そして
(vi)そのような投資の結果としてインドに輸入される可能性のあるすべての技術機器は、民間航空省の関連当局からの許可を必要とするものとします。

(i)上記の5.2.9.2(1)項および5.2.9.2(2)項に記載されているFDI制限/入国ルート、
外国航空会社による投資がない場合に適用されます。
(ii)上記(c)(ii)で指定された投資制度に関しても、100%までのFDIに関するNRIへの分配は継続されます。

(d)上記の条件に加えて、M / s Air India Limitedへの外国投資は、以下の条件に従うものとします。(i)M / s Air India Ltd.への外国投資(外国航空会社の投資を含む)。 、直接的または間接的に49%を超えてはなりません。 (ii)M / s Air India Ltd.の実質的な所有権と効果的な管理は、引き続きインド国民に帰属します。

自動車
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

FDI政策の規定に従い、「製造業」部門への外国投資は
自動ルートの下で。さらに、製造業者はで製造された製品を販売することが許可されています
政府なしで、電子商取引を含む卸売りおよび/または小売りを通じたインド
承認。

自動車部品
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

FDI政策の規定に従い、「製造業」部門への外国投資は
自動ルートの下で。さらに、製造業者はで製造された製品を販売することが許可されています
政府なしで、電子商取引を含む卸売りおよび/または小売りを通じたインド
承認。

航空輸送サービス(定期航空輸送サービス、地域航空輸送サービス)
UPTO 49%
ABOVE 49%
FDI Permitted
100
Main condition:

(a)定期航空輸送サービス/国内定期旅客航空会社

(b)地域航空輸送サービス

(c)NRIの場合、自動ルートで100%FDIが許可されます

Other condition:

(a)航空輸送サービスには、国内の定期旅客航空会社が含まれます。予定外の航空輸送サービス、ヘリコプターおよび水上飛行機サービス。

(b)外国の航空会社は、貨物を運営する会社の株式に参加することが許可されています
記載されている制限と入場ルートに従って、航空会社、ヘリコプター、水上飛行機のサービス
上記。

(c)外国の航空会社は、インド企業の資本に投資することも許可されており、支払い済み資本の49%の上限まで、定期および非定期の航空輸送サービスを運営しています。このような投資には、以下の条件が適用されます。

(i)政府の承認ルートの下で作成されます。

(ii)49%の制限には、FDIおよびFII / FPIへの投資が含まれます。

(iii)そのように行われた投資は、資本開示要件(ICDR)規則/株式および買収の実質的取得(SAST)規則など、SEBIの関連規則、およびその他の適用可能な規則に準拠する必要があります。規則。

(iv)スケジュールされたオペレーターの許可は、会社にのみ付与できます。

iv.a)登録されており、インド国内に主要な事業所がある。

iv.b)会長および取締役の少なくとも3分の2がインド国民である。そして

iv.c)実質的な所有権と効果的な管理は、インド国民に帰属します。

(v)そのような投資の結果として、インドの定期および非定期航空輸送サービスに関連する可能性のあるすべての外国人は、配備前にセキュリティの観点からクリアされるものとします。そして

(vi)そのような投資の結果としてインドに輸入される可能性のあるすべての技術機器は、民間航空省の関連当局からの許可を必要とするものとします。

(i)上記5.2.9.2(1)および5.2.9.2(2)に記載されているFDI制限/入国ルートは、外国航空会社による投資がない状況に適用されます。

(ii)上記(c)(ii)で指定された投資制度に関しても、100%までのFDIに関するNRIへの分配は継続されます。

(d)上記の条件に加えて、M / s Air India Limitedへの外国投資は、以下の条件に従うものとします。(i)M / s Air India Ltd.への外国投資(外国航空会社の投資を含む)、直接的または間接的に49%を超えてはなりません。 (ii)M / s Air India Ltd.の実質的な所有権と効果的な管理は、引き続きインド国民に帰属します。

航空輸送サービス(民間航空部門の非定期およびその他のサービス)
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

1.予定外の航空輸送サービス

2.DGCAの承認が必要なヘリコプターサービス/水上飛行機サービス

Other condition:

(a)航空輸送サービスには、国内の定期旅客航空会社が含まれます。予定外の航空輸送サービス、ヘリコプターおよび水上飛行機サービス。

(b)外国の航空会社は、上記の制限および入国ルートに従って、貨物航空会社、ヘリコプターおよび水上飛行機サービスを運営する会社の株式に参加することが許可されています。

(c)外国の航空会社は、インド企業の資本に投資することも許可されており、支払い済み資本の49%の上限まで、定期および非定期の航空輸送サービスを運営しています。このような投資には、以下の条件が適用されます。

(i)政府の承認ルートの下で作成されます。

(ii)49%の制限には、FDIおよびFII / FPIへの投資が含まれます。

(iii)そのように行われた投資は、資本開示要件(ICDR)規則/株式および買収の実質的取得(SAST)規則など、SEBIの関連規則、およびその他の適用可能な規則に準拠する必要があります。規則。

(iv)スケジュールされたオペレーターの許可は、会社にのみ付与できます。

iv.a)登録されており、インド国内に主要な事業所がある。

iv.b)会長および取締役の少なくとも3分の2がインド国民である。そして

iv.c)実質的な所有権と効果的な管理は、インド国民に帰属します。

(v)そのような投資の結果として、インドの定期および非定期航空輸送サービスに関連する可能性のあるすべての外国人は、配備前にセキュリティの観点からクリアされるものとします。そして

(vi)そのような投資の結果としてインドに輸入される可能性のあるすべての技術機器は、民間航空省の関連当局からの許可を必要とするものとします。

(i)上記5.2.9.2(1)および5.2.9.2(2)に記載されているFDI制限/入国ルートは、外国航空会社による投資がない状況に適用されます。

(ii)上記(c)(ii)で指定された投資制度に関しても、100%までのFDIに関するNRIへの分配は継続されます。

(d)上記の条件に加えて、M / s Air India Limitedへの外国投資は、以下の条件に従うものとします。(i)M / s Air India Ltd.への外国投資(外国航空会社の投資を含む)、直接的または間接的に49%を超えてはなりません。 (ii)M / s Air India Ltd.の実質的な所有権と効果的な管理は、引き続きインド国民に帰属します。

観光とホスピタリティ
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

FDIは、適用される法律/規制に従い、自動ルートで最大100%許可されます。セキュリティおよびその他の条件。

資本財
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

FDI政策の規定に従い、「製造業」部門への外国投資は
自動ルートの下で。さらに、製造業者はで製造された製品を販売することが許可されています
政府なしで、電子商取引を含む卸売りおよび/または小売りを通じたインド
承認。

道路と高速道路
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

FDIは、適用される法律/規制に従い、自動ルートで最大100%許可されます。セキュリティおよびその他の条件。

金属鉱石と非金属鉱石の採掘と探査
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

ダイヤモンド、金、銀、貴重な鉱石を含みますが、チタン含有鉱物とその鉱石は除きます。 1957年の鉱山および鉱物(開発および規制)法の対象

Other condition:

(a)チタン含有鉱物および鉱石の分離のためのFDIは、以下の追加条件の対象となります。
(i)技術移転に伴い、インド国内に付加価値施設が設置されている。
(ii)鉱物分離中の尾鉱の処分は、2004年の原子力(放射線防護)規則および1987年の原子力(放射性廃棄物の安全な処分)規則などの原子力規制委員会によって定められた規則に従って実施されるものとする。 。

(b)FDIは、原子力省が発行した2006年1月18日付けの通知番号SO 61(E)に記載されている「処方物質」の採掘では許可されません。

鉄道インフラ
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

以下の建設、運用および保守:

(i)PPPによる郊外回廊プロジェクト、

(ii)高速鉄道プロジェクト、

(iii)専用貨物ライン、

(iv)列車セット、機関車/コーチの製造および保守施設を含む車両、

(v)鉄道電化、

(vi)信号システム、

(vii)貨物ターミナル、

(viii)旅客ターミナル、

(ix)電化された鉄道線および主要鉄道線への接続性を含む、鉄道線/側線に関連する工業団地内のインフラストラクチャおよび

(x)大量高速輸送システム

Other condition:

(i)FDIを含む民間部門の参加を受け入れる上記の活動への外国直接投資は、鉄道省の部門別ガイドラインの対象となる。

(ii)セキュリティの観点からデリケートなエリアで49%を超えるFDIを含む提案は、鉄道省によって内閣国防委員会(CCS)に提出され、ケースバイケースで検討されます。

防衛
UPTO 74%
ABOVE 74%
FDI Permitted
100
Main condition:

1951年の産業(開発および規制)法に基づく産業免許および1959年の武器法に基づく小型武器および弾薬の製造の対象となる防衛産業

Other condition:
  • 自動ルートで最大74%のFDIは、新しい産業ライセンスを求める企業に許可されます。
  • 産業ライセンスを求めていない企業、またはすでに国防におけるFDIの政府承認を取得している企業に、最大49%の新規外国投資を注入するには、株式/株式保有パターンの変更または譲渡の場合に備えて、国防省に宣言を提出する必要があります。そのような変更から30日以内に、FDIのための既存の投資家から新しい外国投資家への最大49%の株式の割合。そのような企業からのFDIを49%を超えて引き上げる提案には、政府の承認が必要です。
  • 免許申請は、商工省産業内務振興局が国防省、外務省と協議の上、検討する。
  • このセクターへの外国投資は、内務省および国防省のガイドラインに従って、セキュリティクリアランスの対象となります。
  • 投資先企業は、製品の設計と開発の分野で自給自足できるように構成する必要があります。投資先/合弁会社は、製造施設とともに、インドで製造されている製品のメンテナンスおよびライフサイクルサポート施設も備えている必要があります。
  • 防衛部門への外国投資は、国家安全保障を理由に精査の対象となるものとし、政府は、国家安全保障に影響を与える、または影響を与える可能性のある防衛部門への外国投資を検討する権利を留保します。

DPIITのプレスノート4による


電子システム
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

FDI政策の規定に従い、「製造業」部門への外国投資は
自動ルートの下で。さらに、製造業者はで製造された製品を販売することが許可されています
政府なしで、電子商取引を含む卸売りおよび/または小売りを通じたインド
承認。

食品加工
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

FDI政策の規定に従い、「製造業」セクターへの外国投資は自動的に行われています。さらに、製造業者は、政府の承認なしに、電子商取引を含む卸売りおよび/または小売りを通じてインドで製造された製品を販売することが許可されています。

食品小売業
100%
FDI Permitted
100
Main condition:

食品はインドで製造および/または生産されるべきです。

Other condition:

なし

禁止されているセクター

  • Lottery icon

    政府/民間宝くじ、オンライン宝くじなどを含む宝くじ事業*

  • Gambling icon

    カジノを含むギャンブルとベッティング*

  • Funds

    チットファンド

  • Company icon

    ニディカンパニー

  • Dtr icon

    譲渡可能な開発権(TDR)の取引

  • Real state icon

    不動産事業または農家の建設**

  • Manufacturing unit icon

    葉巻、チェルート、シガリロ、紙巻きタバコ、タバコまたはタバコ代替品の製造

  • Atomic energy icon

    民間セクターへの投資に開放されていないセクター-原子力、鉄道事業(統合FDIポリシーで言及されている許可された活動を除く)

政府承認の手続き

充填-アプリケーション

申請書の提出

外国投資の提案と、オンラインで提出される補足文書は、外国投資促進ポータルの次のURLにあります。www.fifp.gov.in/

内部手順

承認のための内部手順

  • DPIITは、関係省庁を特定し、その後2日以内に提案書を回覧します。さらに、提案が受け取られると、FEMAの観点からのコメントのために、同じものが2日以内にRBIにオンラインで回覧されます。
  • パキスタンとバングラデシュからの提案された投資はまた、内務省からの許可を必要とするでしょう。
  • DPIITは、オンライン申請書の受領から4週間以内にコメントを提供する必要があり、内務省(該当する場合)は6週間以内にコメントを提供する必要があります。
  • 上記に従い、1週間以内に提供される追加情報/説明が申請者に求められる場合があります。
  • 500億ルピー(約7億7500万ドル)を超えるFDIを含む提案は、経済部内閣委員会に提出されるものとします。
アプリ承認済み

最終承認

提案がすべての点で完了すると、同じものが8〜10週間以内に承認されます。

FDI報告要件

fdiインフォグラフィック

フォームFC-GPR(外貨-グロス暫定リターン)SMFのドキュメント

  • CS証明書
  • インドの会社/ LLPの正式な代表者による宣言
  • インド企業の株式保有前後のパターン
  • 政府の承認のコピー(該当する場合)
  • 合併/分割/合併のスキームに関する高等裁判所の命令の写し(該当する場合)
  • 発行額に関する払い戻し額に関するRBIの承認(該当する場合)
  • 評価証明書
  • 承認書(ガイドラインに準拠していない場合–該当する場合)
  • 外国投資家に支払われる資金に対する株式の発行に関連するRBIの承認
  • FIRC /デビットステートメント
  • KYC(Know Your Customer)
  • 取締役会決議

注意:

2018年6月7日の「インドへの外国投資-シングルマスターフォームでの報告」に関するRBI通知に従って、インドへのさまざまなタイプの外国投資の現存するすべてのレポート構造がシングルマスターフォーム(SMF)で提供されるようになりました。これはオンラインで提出する必要があります。

RBI通知に従って、ARFとFC-GPRは単一の改訂されたFC-GPR(SMF)にマージされます。フォームFC-GPR(SMF)のすべての新規提出は、シングルマスターフォームでのみ行う必要があります。