• 海外の加入者および取締役の場合、会社設立のために文書を公証およびアポスティーユする必要がありますか?

    規則に従い、2014年の会社(設立)規則の13で、基本定款(「MOA」)の加入者または任命される取締役は、インド国外に居住する外国人、MOA、定款(「 AOA」)、本人確認および住所証明は、加入者/取締役が居住する国、または法人が加入者である場合は登録事務所が所在する国に基づいて、次の方法で証明されるものとします。

    • 連邦の一部である国に居住する–連邦のその部分の公証人(公証人)によって;
    • 1961年のハーグアポスティーユ条約の締約国である国に居住し、公証人(公証人)によって、前述のハーグ条約に従って正式に使徒職に就いた。そして
    • 1961年のハーグアポスティーユ条約の締約国ではない国に居住する–文書はその国の公証人(公証人)の前に公証され、公証人(公証人)の証明書は権限を与えられた外交官または領事官によって認証されるものとします。 1948年の外交および領事官(宣誓および手数料)法のセクション3に基づくこの代理(1948年の40)e。公証人によって証明され、居住国のインド大使館によって認証されています。ハーグ条約のリストに含まれる郡のいくつかは次のとおりです。イギリスおよび北アイルランドアメリカ合衆国、シンガポール、スイス、マレーシア、オーストラリア、中国、人民共和国、日本、ドイツ。

    Was this helpful?

  • オンラインで会社名を申請できますか?

    はい、MCAポータルでRUNサービスを利用して、オンラインで名前を予約できます。

    Was this helpful?

  • 会社のレジデントディレクターを任命することは必須ですか?

    はい、会社に少なくとも1名の常駐取締役を任命する義務があります。会社法第149条(3)。 2013年(「法」)では、すべての会社に、会計年度に合計182日以上インドに滞在した取締役が少なくとも1人いる必要があると規定されています。

    Was this helpful?

  • 会社の設立と運営を管理するのはどの法律ですか?

    2013年会社法による総務省は、会社の設立、会社の責任、取締役、会社の解散を規制しています。

    詳細については、ここをクリックしてください

    Was this helpful?

  • LLPに居住者指定パートナーを任命することは必須ですか?

    はい、2008年の有限責任事業組合法の規定に従い、LLPには1人の居住者指定パートナーが必要です。

    Was this helpful?

  • 合弁事業(JV)を構成するために採用されている最も一般的な構造は何ですか?

    合弁事業(JV)を構成するために採用される最も一般的な構造は次のとおりです。

    a)協力協定/戦略的提携/コンソーシアムを含む法人化されていない合弁事業(UIJV)。 UIJVの場合、個別のエンティティを形成する必要がないため、UIJVが推奨されます。単に、法人化されていない合弁契約を当事者間で締結する必要があります。

    b)会社または有限責任パートナーシップ(LLP)のいずれかを含む法人化された合弁事業

    Was this helpful?

  • 合弁契約に含まれる重要な条項は何ですか?

    合弁契約の重要な条項のいくつかは以下のとおりです。
    a)オブジェクトとスコープ。
    b)国内および外国の投資家による株式参加。
    c)条項を固定する。
    d)財政的取り決め;
    e)取締役会および経営陣の取り決めの構成。
    f)デッドロックの修正。
    g)当事者の役割と責任。
    h)終了条項;
    i)当事者の表明、保証、および規約。
    j)守秘義務;
    k)紛争解決;

    Was this helpful?

  • インドでの完全子会社の設立に関連する文書は何ですか?

    a)登録事務所の住所の証明。
    b)2か月以内の光熱費のコピー。
    c)施設の所有者からのNOC。
    d)提案された取締役によるPAN事業。
    e)他の事業体における最初の取締役の利益。
    f)フォームDIR-2の取締役からの同意書。
    g)フォームINC-9での最初の取締役および加入者からの宣言。
    h)外国企業からの取締役会決議および設立証明書。

    会社名が法人設立申請書に適用される場合:
    a)提案された名前に中央政府の承認が必要な単語または表現が含まれている場合は、承認のコピー。
    b)提案された名前が登録商標に基づいている場合、または商標法に基づく登録待ちの申請の主題である場合、商標の所有者またはそのような商標の登録申請者の承認。

    :外国の取締役および外国の加入者が署名するすべての文書には、外国からの公証および使徒職が必要です。

    Was this helpful?

  • インドでの有限責任パートナーシップの形成に関係する文書は何ですか?

    a)指定パートナーの身元と住所の証明。
    b)登録されたオフィスの住所の証明と2か月以内の公共料金の請求書のコピー。
    c)施設の所有者からのNOC。
    d)パートナーおよび指定パートナーの詳細。
    e)パートナーが関心を持っているLLPおよび会社の詳細。
    f)パートナーの同意を含む加入者シート。
    g)外国のLLPの設立証明書のコピー。
    h)外国有限責任パートナーシップがインドで事業所を設立している権限の写し。
    i)正式な代表者に有利な委任状。

    LLPの名前が法人設立申請書に適用される場合:
    a)提案された名前が登録商標に基づいている場合、または商標法に基づく登録待ちの申請の主題である場合、商標の所有者またはそのような商標の登録申請者の承認。
    b)提案された名前に中央政府の承認が必要な単語または表現が含まれている場合の、承認のコピー。

    :外国の取締役および外国の加入者が署名するすべての文書には、外国からの公証および使徒職が必要です。

    Was this helpful?

  • 日立の会社とは?

    NIDHI会社は会社法のセクション620-Aに基づいて通知され、RBIによって「相互利益金融会社」として分類されます。基本的に、Nidhi Companyは通常の金融投資会社や非銀行金融会社(NBFC)とは異なり、メンバーの相互利益のために株主またはメンバーのみを対象としています。 Nidhi Companyは、メンバーのみに預金を受け入れ、要求に応じてメンバーにのみ資金を貸し出します。 Nidhi Companyは、レンタル購入ファイナンス、リースファイナンス、チットファンド、任意の法人が発行する証券の取得などに関連するビジネス/アクティビティを実行したり、債務証券(優先株、社債など)を発行したりすることはできません。 )任意の形式。

    詳細については、ここをクリックしてください

    Was this helpful?

  • 新興企業が外国からの資金を確保することは許容されますか?

    外国為替管理(インド国外の居住者による譲渡または安全保障の問題)規則によるRBI 2000(FEMA 20)規制により、スタートアップは、株式への加入を通じて、外国ベンチャーキャピタル投資家によるスタートアップのFDI以外の外国人投資家に転換社債を発行することができました。または株式リンク商品または債務商品。

    詳細については、ここをクリックしてください

    Was this helpful?

  • インド起源の人(PIO)は何の略ですか?

    「インド人(PIO)の人」とは、バングラデシュまたはパキスタン以外の国の市民を意味します。

    1. 彼らはいつでもインドのパスポートを持っている、または、
    2. 彼らまたは両親または祖父母のいずれかがインド憲法または市民権法によりインドの市民であった、または、
    3. その人は、インド国民の配偶者、または(1)または(2)で言及されている人です。

    詳細については、ここをクリックしてください

    Was this helpful?

  • 政府ルートでの株式の発行に関して、FDIポリシーは何を伴いますか?

    FDIポリシーに基づく株式の発行は、政府ルートの下で次のことが許可されています。

    • 資本財・機械・設備の輸入(中古機械を除く)
    • 術前・法人設立前費用(家賃等の支払いを含む)

    ただし、これらは、統合FDIポリシーの付録3のサブセクション(iv)、セクション(6)で述べられているように、いくつかの条件の遵守の対象となります。

    詳細については、ここをクリックしてください

    Was this helpful?

  • アポスティーユとは何ですか?また、外国から文書をアポスティーユおよび公証する方法は?

    「アポスティーユ」は、1961年のハーグ条約に参加する国で使用するために文書に発行される認証/認証の形式です。アポスティーユは、文書の法的信憑性を確認するためのものです。アポスティーユを受け入れる国のリストは、米国国務省によって提供されています。
    アポスティーユは、条約の締約国である州の政府によって指定された管轄当局によって貼付されます。
    これらの当局のリストは、国際私法に関するハーグ会議によって維持されています。指定された当局の例は、大使館、省庁、裁判所、または(地方)政府です。
    アポスティーユ証明書は、1ページの文書の裏側に印刷またはスタンプされた、または緑色の公証リボンで複数ページの文書に添付された公式の政府証明書であり、1つの分離できない文書になります。これは、公証人または公証人や登録機関などの当局の印鑑や署名を認証します。

    Was this helpful?

  • より多くの外部資金を得るために、会社の授権資本を増やすことはできますか?

    会社の授権資本は、2013年会社法に従っていつでも増やすことができ、定款でこれが許可されていない場合は、「特別決議」を通過させることでAoAを修正できます。また、外部の商業借入を検討することもできます。

    詳細については、ここをクリックしてください

    Was this helpful?

  • 外国人投資家はどのようにしてインドのポートフォリオ投資に資金を投入できますか?

    みなしRFPI(以前はFII)を含むSEBIガイドラインに従って登録されたFPIによる投資は、ポートフォリオ投資スキームの下でインド企業の資本に許可されています。個々のFPIによる投資は、完全に希薄化されたベースで、インド企業の払込資本の10%未満である必要があります。 FPIによる総投資額は、完全に希薄化されたベースで、インド企業の払込資本の24%を超えてはなりません。この合計24%の制限は、関係するインドの会社が、それぞれ決議および特別決議を通じて取締役会およびその一般団体の承認を得て、必要に応じてセクターの上限/法定上限まで引き上げることができます。 RBIへの事前の通知。 FII / FPI投資の総額は、個別に、または他の種類の外国投資と組み合わせて、セクター/法定の上限を超えることはできません。

    詳細については、ここをクリックしてください

    Was this helpful?

  • 外国企業がインドで事業を立ち上げるための規制は何ですか?

    外国企業は、2013年会社法に基づいてインド企業または外国企業またはLLPを設立するか、外国の連絡事務所、プロジェクト事務所、または支店を設立することにより、外国直接投資(FDI)を介してインドで事業を設立できます。会社。ただし、インドへの入国は、FDIポリシーおよびFEMA規則の規定に従います。

    詳細については、ここをクリックしてください

    Was this helpful?