• 中央および州の大臣をフィーチャーした一連のウェビナーを通じてインドの成長の可能性を解明する

エネルギー部門への金融投資

エネルギー部門への金融投資

電力はインドで重要なインフラストラクチャ部門の1つであり、ここ数年でかなりの投資が行われています。 2018年12月現在の総設備容量は350 GWであり、そのうち64%は火力で発電されています。残りの電力は、再生可能資源(21%)、水力(13%)、および原子力(2%)によって生成されます。 2000年から2018年の間に、セクターは約220億ドルのFDIを受け取りました。これは国への総流入の5.3%を構成しました。

BSEパワーおよびBSEセンセックスからの返品(2014年4月-2019年4月)

データチャート
ソース:ボンベイ証券取引所


2015年、中央政府は国営の配電会社の財政状態を改善するためにUjwal Discom Assurance Yojana(UDAY)を立ち上げました。このスキームの下で、州政府は2年間で配電会社が所有する債務の75%以上を引き受けるように奨励されました。その結果、配電会社の財務状況は改善しました。電力需要が増加した。ストレスを受けた資産が減少し、より多くの資金が設備投資に利用できるようになりました。

2017年5月、政府はさまざまなセクター(電力を含む)にNPAを追加することを背景に、RBIに銀行に破産法および破産法に基づく回復手続きを開始するよう指示する権限を与えました。規範は、返済を怠った債権者からの会費の期限付きの回復を可能にします。その結果、ストレスを受けた電力会社は、セクター内での統合につながる解決策に押し込まれました。

政府はまた、普遍的な電化を確実にすることを目指すディーン・デイアル・ウパディアイ・グラム・ジョティ・ヨハナ(DDUGJY)やサウバギアなどのさまざまなスキームを立ち上げました。 DDUGJYの下では、国内の無電化村の100%が2018年4月に電化されたと宣言されました。

全体として、国の発電容量は2009-10年と2017-18年の間に年間5.7%増加した。この増加およびその他の措置の結果、国のエネルギー不足は、2013年14月の4.2%から2018-19年には0.6%に減少しました(2019年2月までの暫定的な数値に基づく)。同様に、ピーク赤字は同じ期間中に4.5%から0.8%に減少しました。明るい見通しで、セクターは投資、合併、および買収で増加した活動を見てきました。以下の表1は、このセクターで過去数年間に行われた主な取引と買収を示しています。

表1:電力セクターにおける主な取引と買収

テーブル

出典:India Brand Equity Foundation(IBEF)


インドは、2022年までに再生可能エネルギー源から175 GWの電力を生成することを目標に、再生可能エネルギーに徐々に焦点を移しています。このうち、100 GWは太陽光から、60 GWは風力から、10 GWはバイオパワーから、小水力からの5GW。この目的を促進するために、インドはフランスとともに国際ソーラーアライアンスを立ち上げました。このプラットフォームは、太陽エネルギーに恵まれた国々の協力を促進して、太陽エネルギーをより有効に活用することを目的としています。エネルギー需要が高まっているインドは、1年の大部分が日光を受けているため、有利な立場にあります。

2040年までに、インドの電力消費量は15,280 TWhに増加すると予想され、投資の大きな可能性を示しています。インドでは、EYが発表した再生可能エネルギーの国魅力指数で、ドイツ、フランス、オーストラリア、アルゼンチンなどに先んじて世界の投資家心理が3位にランクされています。再生可能エネルギーに重点が置かれていることは、主要な投資で明白です。Greenkoグループは、2018年にシンガポールのATキャピタルグループからOrange Renewableを8億5,000万ドルで買収しました。シンガポール(AIRRO Singapore Pte Ltd)、日本(ORIX Corporation)、オランダ(ENEL Green Power Development BV)、ドイツ(DEG)などの国々は、再生可能エネルギー部門に累積で1億5000万ドル近く投資しました。

エネルギー需要の高まりと国内および国外の民間企業の参加の増加は、投資家がこのセクターに参入する大きな可能性を提供しています。セクターの増加する活動、特に合併、買収、および新規参入企業の参入は、さまざまな利害関係者によって表明されている関心を示しています。インドの野心的な再生可能エネルギー生成目標により、このセクターは民間投資家にとって大きな可能性を秘めています。