韓国を代表する乗用車メーカーがインドにユニットを設置

同社は韓国で2番目に大きな自動車メーカーであり、乗用車、トラック、スポーツ多目的車、小型商用車、およびバス、配達用バン、ローダーなどの他の輸送車両を製造しています。

プロジェクトの詳細

同社は、アーンドラプラデーシュ州アナンタプルに10億ドル以上の投資で乗用車製造ユニットを設立する過程にあります。製造ユニットの生産能力は年間30万台で、2019年に生産を開始する予定です。同社はサプライチェーンとともに、4,000人の正社員と7,000人の臨時雇用を創出する見込みです。

コリアプラスファシリテーション

コリアプラスは、自動車産業、EODB対策、およびインド向けに提案されたインフラ開発計画の詳細な機会を提示しました。チームはさらに、会社が共有する要件に基づいて市場参入戦略を開発しました。コリアプラスは、プロジェクトの製品セグメント、サプライヤーベース、土地要件、および輸出の可能性に基づいて場所の評価を実施しました。課税構造、会社構造、土地所有権、人的資源の利用可能性、教育システム、および最終選考に残った州のインフラ開発に関する意見も共有されました。さらに、利用可能な土地サイトを分析するために3つの州へのサイト訪問が行われ、州政府当局者およびインフラ開発公社との話し合いが促進されました。